最近、郵便事情により一部地域において新聞発送の遅延が生じております。ご不便をおかけしていることにつきまして、お詫びいたします。(編集部)

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行!
新聞を定期購読する
デジタル版を定期購読する
デジタル版を試し読み
見本紙をダウンロード

ピックアップニュース

ヒノキヤグループ、横浜と三鷹に展示場
 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)では、子会社2社が横浜展示場(横浜市西区)と三鷹展示場(東京都三鷹市)を相次いで新規オープンさせた。  4日にはレスコハウスが...続きを読む
大手住宅企業11社の7月の受注状況、豪雨と酷暑で厳しめ
 大手住宅企業11社の7月の受注状況(金額ベース、速報値)は、6社が前年同月実績を上回った。  2018年7月の受注環境は、西日本を中心とする集中豪雨や酷暑の影響などで、各社...続きを読む
厚労省、一側足場基準を検討、法令上明記を念頭、安全帯普及推進の意見も
2018年08月23日05面_住宅産業
 厚生労働省労働基準局は、木造住宅の建築を含む建設現場における足場について、本足場を原則として一側足場は例外的な使用に限定することを法令上明記するか、議論している。  現場の...続きを読む
ノーリツ、業績予想と中計目標を下方修正=国内、高付加価値商品が伸び悩み
2018年08月23日04面_住宅産業
 ノーリツ(兵庫県神戸市、國井総一郎社長)は9日、(1)2018年12月期第2四半期連結業績予想および同12月期通期連結業績予想の下方修正(2)2016年12月発表の中期経営計画『...続きを読む
タツミプランニングが戸建てフルリノベに注力、リフォーム事業部を「ReStyle」に変更
2018年08月23日03面_住宅産業
 神奈川県横浜市を中心に年間500棟のデザイン住宅を供給しているタツミプランニング(横浜市西区、米山茂社長)は7月、「リフォーム事業部」を「ReStyle事業部」に名称を変更。同社...続きを読む
大手住宅企業が気候変動対策に本腰、温室効果ガス排出量削減に科学的根拠
2018年08月23日02面_住宅産業
 大手住宅企業が気候変動対策に力を入れている。  今年4月、積水ハウスの温室効果ガス排出量削減の取り組みが、科学的に根拠がある目標として国際的な評価機関(SBTイニシアチブ)...続きを読む
英国・ウェールズは新築住宅不足、関係者が意見交換=プレハブ技術に高い関心
2018年08月23日01面_住宅産業
 ウェールズの住宅関係者は8月上旬、日本の住宅の工業化技術や環境技術を持つ事業者との協業の可能性を探るため、来日した。  主な関心は「モジュラー型の住宅」と「環境配慮技術」だ...続きを読む
オープンハウスがホーク・ワンを完全子会社化
 オープンハウス(東京都千代田区、荒井正吾社長)は7月31日に開催した取締役会において、ホーク・ワン(東京都杉並区、平塚寛之社長)を完全子会社化することを発表した。10月1日までに...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

三井ホーム、三井不動産が完全子会社化=経営基盤の安定強化で
 三井ホーム(東京都新宿区、市川俊英社長)は3日、親会社の三井不動産(東京都中央区、菰田正信社長)による株式公開買付(TOB)に賛同する意見を表明した。  新築戸建市場の規模...続きを読む
マンション修繕支援の金融勉強会を設立、住宅金融支援機構、修繕積立金不足を見越し
 住宅金融支援機構は3日、「マンションの価値向上に資する金融支援のあり方勉強会」を設立した。築40年超となる分譲マンションが年々増加し、修繕工事ができずに居住環境が悪化している物件...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)