ピックアップニュース

竹中工務店、「燃エンウッド」で10階建て中高層木造の集合住宅=床と耐震壁にCLT
 竹中工務店は3月26日、自社開発で2017年に耐火構造部材の国土交通大臣認定を取得した耐火集成材「燃エンウッド(2時間耐火)」と、同社および三菱地所・三菱地所設計・山佐木材が共同...続きを読む
ポラスガーデンヒルズ、CLTなど独自部材使った木造新社屋完成
 ポラスグループのポラスガーデンヒルズ(千葉県松戸市、坂倉利昌社長)は2日、オリジナル部材を使用した3階建ての新社屋「ウッドガーデン」の完成見学会を開催。5日から営業を開始した。...続きを読む
都の空き家プロジェクト、宅建業者を募集、起業家と空き家のマッチング・コーディネーター
 東京都は、空き家を活用したプロジェクトを募集する予定で、そのコーディネーター役となる宅地建物取引業者を募集する。都の産業労働局商工部創業支援課の補助事業。同課ではこれまでにビジネ...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

3月の東日本レインズ中古戸建流通調査、成約7ヵ月連続増加
 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が公表した3月の首都圏中古戸建住宅流通は、成約件数が前年同月比2・0%減の1274件で、3ヵ月連続の減少となった。成約価格は、6・9%増の3...続きを読む
2月の住宅投資5・8%減、持ち家の工事費は上昇
 国土交通省が発表した2月の「新築に関する住宅投資予定額」は、総計で1兆468億円となった。前年同月比5・8%の減少。3ヵ月連続でマイナスに推移している。...続きを読む
セキスイハイム、スマートパワーステーションの陸屋根タイプを強化
 積水化学工業住宅カンパニー(関口俊一プレジデント)は、エネルギー性能とプラン対応力を強化した陸屋根タイプの鉄骨系商品「スマートパワーステーションFR(フラットルーフ)」を27日に...続きを読む
ヒノキヤグループ、新中計で売上高2千億円目指す=販売棟数は年率10%増
 ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は4日、2022年12月期を最終年度とする中期5ヵ年計画「NEXT STAGE2022」を発表した。計画によると22年12月期におい...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

サブリース標準契約書改定、誤認トラブル防止へ、改定日以外でも賃料変更、貸主と借主の協議で
2018年04月12日05面_住宅産業
 国土交通省は、「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」を改訂し、公表した。同契約書は、賃貸住宅を転貸する際に貸主(物件所有者)と借主(サブリース事業者)が契約締結のために用いるための...続きを読む
LIXIL、ショールームとコーディネーターに新制度=『SUMAIる制度』で顧客満足度重視に
2018年04月12日04面_住宅産業
 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は今月、ショールーム活動とエンドユーザーに接客を行うショールームコーディネーターの新たな運用制度『SUMAIる制度』を導入した。同社の企...続きを読む
ノーブルホーム、アッパー層への訴求狙い総合展示場へシフト
2018年04月12日03面_住宅産業
 茨城県の水戸・ひたちなかエリアを中心に注文住宅を展開しているノーブルホーム(茨城県水戸市、福井英治社長)は、外観などのデザイン性にこだわった商品ラインアップを打ち出し、年間供給棟...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)