「住宅情報パック2015年冬季号」を発刊しました。全国の住宅展示場や金融機関の住宅ローン窓口などで無料配布しております。…

2015年01月26日 住宅産業新聞社 編集部

今週の紙面

15012901
主なトピックス 戸建大手の4月新卒採用、6社が増/住友林業Gがデイケアサービス事業に参入/アキュラホーム、試行棟プロジェクトで成果/ナイスのパネルディスカッション、部品8社のトップが15年を予測/地価安い市街化区域外でサ高住供給多く ...
東日本ハウス、5月1日に商号「日本ハウスホールディングス」へ=西日本での営業展開推進で
 東日本ハウス(東京都千代田区、成田和幸社長)は1月30日、5月1日に商号を「日本ハウスホールディングス」に変更すると発表した。「今後、事業基盤の一層の強化のため西日本での営業展開を推進」することを理...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

住友林業と三井住友建設、中大規模木造で提携
 住友林業と三井住友建設は、中大規模の木造建築物の共同取り組みに関する、業務提携を結んだ。「公共建築物木材利用促進法」をはじめ、国が推進する木材の利用拡大と普及に寄与する。まずは、両社の木質系と鉄骨系...続きを読む
すまいづくり表彰地域住宅賞を募集、建研が2月13日まで
 独立行政法人建築研究所は、2月13日まで「すまいづくり表彰 地域住宅賞」の募集を実施している。  同賞は、地域の創意・工夫によるすまいづくりを実践し、地域の住文化の発展に貢献している作品や活動...続きを読む
地価安い市街化区域外で多く供給する傾向、サ高住実態調査結果
 国土交通省は22日、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の実態調査の結果を公表した。  それによると、サ高住の立地は相対的に地価が安く、高齢者人口に対して多く供給される傾向がみられたことがわか...続きを読む
2015年は「着工88万戸、株価2万円」と予想=ナイスの特別パネルディスカッション
 ナイスパートナー会連合会とナイスは23日、東京都内のホテルで「新春経済講演会」を開催した。  恒例となった住宅部品企業8社のトップによる特別パネルディスカッション「住宅業界の市況予測と各社の戦...続きを読む
14年首都圏マンション、2割減の4万4913戸、不動産経済研
 不動産経済研究所がまとめた「首都圏マンション市場動向に」よると、2014年(暦年)に供給された民間分譲マンションは、前年比20・5%減の4万4913戸だった。  1都3県のいずれもが前年実績を...続きを読む
アキュラホーム、商品開発PJ「結果」に結実=試行棟反映させ都市部で太陽光10kw超搭載可能に
 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)が2013年に始めた商品開発プロジェクト(PJ)が結果を出し始めた。  PJは本社および各営業エリアの事業部で、特定エリアで訴求力が高いと判断した要...続きを読む
住友林業Gのフィルケア、「デイケアサービス事業」に参入
 住友林業は、グループで有料老人ホーム運営を手がけるフィルケアを通じて、デイサービス事業に参入する。5月開所予定の「東山田事業所」(横浜市都筑区)を皮切りに、15年中に3ヵ所で順次オープンさせる。新た...続きを読む
1 / 45712345...102030...

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)