主なトピックス スムストック=安心R住宅…

ウェブでは読めないニュースが満載!
住宅産業新聞は毎週木曜日発行
新聞を定期購読する
デジタル版を定期購読する
見本紙をダウンロードする

ピックアップニュース

積水ハウス、福岡で宿泊施設を建設
1807051
 積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は、宿泊施設のコンサルティングなどを展開するリクリエ(福岡市博多区、中西孝行社長)が運営する宿泊施設を同社商品「ベレオ」で建設した。最先端の...続きを読む
民間主体で温暖化対策強化、気候による事業への影響大きく、エコワークス、積水ハウス、大和ハウスなど参画
 国連環境計画・金融イニシアティブの末吉竹二郎特別顧問=写真=が呼びかけ人となり、民間企業や自治体など105の組織によって「気候変動イニシアティブ(JCI)」が、6日設立された。企...続きを読む
四国化成工業、塀点検に『アートウォール』提案活動=地震の被災・減災で
18070912
 四国化成工業(香川県丸亀市、田中直人社長)は2日、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震で倒壊した塀による死亡事故を契機に、全国で始まった危険な塀の点検強化の活動を受け、...続きを読む
新昭和FCパートナーズが新住宅ブランド「バリーズ」を販売、ユニット販売で効率化
18070514
 住宅フランチャイズ「クレバリーホーム」を運営する新昭和FCパートナーズ(千葉県君津市、井家上進社長)は、ミレニアル世代をターゲットとした新住宅ブランド「バリーズ」の加盟店募集を4...続きを読む
住友林業=民泊第1弾を大阪にオープン、賃貸買い取り順次改装
18062959
 住友林業(東京都千代田区、市川晃社長)は5日、大阪市西区に初の民泊物件「フォレステイ心斎橋」をオープンした。築5年のRC造9階建ての賃貸マンションを買い取り、リノベーションして民...続きを読む
大和ハウス工業、被災OB支援で救援物資=近隣住人にも配布
18070926
 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は9日、今回の記録的豪雨(平成30年7月豪雨)の被災状況をまとめた。被災地域には同社が供給した住宅や店舗など約9万1100棟がありオーナ...続きを読む
瑕疵担保制度の検証開始、国土交通省、制度施行10年を前に
2018年07月12日09面_住宅産業
 国土交通省住宅局住宅生産課は、2019年10月に「住宅瑕疵担保履行制度」施行から10年となるのを前に、制度検証の議論を開始した。既存住宅流通やリフォーム市場の拡大を促すため、消費...続きを読む
パナソニック・エコソリューションズ社、「塗れる」室内ドア『ベリティス クラフトレーベル』発売=夏水組がデザイン監修
07041844
 パナソニック・エコソリューションズ社(パナES社、大阪府門真市、北野亮社長)は20日、内装ドア『VERITIS(ベリティス)』の新しいラインアップシリーズ『CRAFT LABEL...続きを読む
ポラスのリフォーム「再新の家」が契約棟数500棟達成
2018年07月12日03面_住宅産業
 ポラスグループの「ポラスのリフォーム」が2011年に販売を開始した定価制フルリフォーム商品「再新の家」が4月、契約ベースで500棟の受注を達成するなど好調に推移している。18年3...続きを読む
大和ハウス工業=次世代のSI住宅コンセプト、持ち運び可能な内装空間
2018年07月12日02面_住宅産業
 大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)の総合技術研究所は、30年後の社会変化を予測した「住宅の未来シナリオ」で、超高耐久の躯体(スケルトン=S)に高付加価値の内部空間(インフ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)