ピックアップニュース

インスペクションの告知義務化がスタート、売主や仲介業者の理解が普及のポイント
 4月から改正宅地建物取引業法が施行され、既存住宅の取引の際には、ホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化された。これによって既存住宅流通やリフォーム市場の活性化への期待が寄せられている。  インスペクションの実施により住宅売...続きを読む
つくば市内で住宅展示場「ちばらきSTYLE」を開催、地場工務店に木材会社が協力
 2014年10月に行われた「岡山工務店EXPO」を皮切りに、ここ数年、各地で地場工務店やビルダーによる期間限定の住宅展示場が開催されている。参加企業が共同で展示場を運営することで効果的な集客活動が見込めることが利点だ。3月24日には、茨城...続きを読む
クリエイト礼文18年3月期決算、人材投資先行で減益
 クリエイト礼文(山形県山形市、大場一夫社長)は16日、山形市内で開催した「中期経営説明会」の席上、2018年3月期決算の速報値を発表した。それによると、売上高63億5500万円(前期比9・9%増)、営業利益3億1900万円(同40・7%減...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

ハイアス・リライフクラブ全国大会、住宅FPグランドマスターを決定
 ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区、濱村聖一社長)は10日、ホテル雅叙園東京(東京都目黒区)において「第7回リライフクラブ全国大会」を開催した。...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

無添加住宅、中国に初のモデルハウスをオープン
 無添加住宅(兵庫県西宮市、難波宏之社長)は20日、中国の浙江省湖州市に中国初進出となるモデルハウスをオープンする。...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

クリエイト礼文、2028年3月期に経常利益10倍の50億円目指す=中期経営計画を発表
 クリエイト礼文(山形県山形市、大場一夫社長)は16日に山形市内で「中期経営計画説明会」を開催し、10年後の2028年3月期に経常利益として現状比約10倍の50億円を目指す経営ビジョンを発表した。50億円の経常利益は「山形県内の企業でトップ...続きを読む
大建工業、6月に軒裏45分準耐火構造認定取得の『ダイライト軒天45』発売
 大建工業(億田正則社長)は既存商品『ダイライト軒天30』の上位品として6月21日、軒裏45分準耐火構造認定を取得した『ダイライト軒天45』を発売する。また、同日付で『ダイライト軒天30』と『ダイライト軒天45』の共通仕様となる木目柄化粧シ...続きを読む
ZEHビルダー制度がスタート、設計事業者向け名称も開始
 2017年度まで登録した事業者を通じて補助を行ってきたビルダー制度は、「ビルダー/プランナー制度」と名称変更し、自社の施工・販売・設計といった各事業に合わせビルダーまたはプランナーを選べるようにする。その上で、5段階評価の仕組みを導入する...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

ミサワホーム、働き方改革で若手育成や上限年齢70歳に
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は、働き方改革を今月から本格始動させた。健康経営を経営戦略に位置づけ、1日付で最高健康責任者(CHO)に磯貝社長を選任。社長直轄のBR働き方推進室とミサワホーム健康保険組合、各支社の責任者が連携し...続きを読む
住宅投資「緩やかな減少」、日銀調査、持ち家は堅調
 日本銀行が12日に公表した地域経済報告(さくらレポート)によると、本支店などを通じた住宅・不動産関連事業者からの聞き取り調査の結果、住宅投資需要の判断として、概ね「横ばい圏内」から「緩やかに減少」「弱めの動き」との見方を示している。特に貸...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)