今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュース

アイカ工業、化粧ボード追加値上げ=1年間で3回、「資材価格上昇、止まらない」

アイカ工業(愛知県名古屋市、海老原健治社長)は23日、7月1日出荷分から化粧ボート製品の設計価格を現行価格から平均して5~15%値上げすると発表した。また、製品のシリーズによって...

【トレンドナビ】住団連・経営者の景況感調査22年度第1回=景況感は悪化、プラス見通しが一転マイナスに

住宅生産団体連合会(芳井敬一会長)は20日、経営者の住宅景況感調査(2022年度第1回)の結果をまとめ、公表した。 22年1~3月の受注実績は、総受注戸数が前回見通しのプラ...

住友林業、森林×脱炭素チャレンジ2022で優秀賞=社有林の「保続林業」など評価

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は24日、林野庁が主催する「森林×脱炭素チャレンジ2022」で優秀賞(林野庁長官賞)を受賞したと発表した。 国土の約800分の1に相...

ウッドライズ2021=視察や商談を実施、温暖化抑制へ木造建築の普及訴え、世界の最新知見活用へ

国際建築住宅産業協会(JIBH)は、22日から27日まで、中高層木造建築物の国際イベント「WOODRISE(ウッドライズ) 2021 BUSINESS SESSION」を開催した...

大和ハウス工業=つくばの商業施設内にグループ横断の新拠点、「売らない」店舗で顧客接点創出

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、同社が運営管理する大型複合商業施設「イーアスつくば」(茨城県つくば市)内に、住まいや暮らしに関するさまざまな要望や相談に応じる店舗「...

住設・建材大手決算、コスト上昇・調達難で国内事業利益減=減少要因は今期も存続、一部で追加値上げの表明も

住宅設備・建材メーカー大手の2022年3月期決算(一部は22年12月期第1四半期)が出揃った。 営業損益の傾向として、国内事業は資材・物流費のコスト上昇や部品や資材の調達難...

全宅連調査=不動産価格の実感値、5期連続プラスも価格上昇に見通しに懸念

全国宅地建物取引業協会連合会が行った不動産市況DI調査によると、2022年4月時点の土地価格の実感値(全国平均)は、前回3ヵ月前の調査を1・2ポイント上回る12・0とプラスだった...

タカラスタンダード2022年3月期決算、売上高が過去最高を更新=営業利益32%増、リフォーム伸長が寄与

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)が12日に発表した2022年3月期決算は営業利益が前期比32%増の144億円だった。 売上高は11%増の2115億円で過去最...

ケイアイスター不動産22年3月期連結決算、売上高および経常・営業利益が過去最高を更新

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)の2022年3月期連結決算は、売上高1843億8800万円(前期比18・4%増)、営業利益236億5900万円(同88・3%増)、経...

大和ハウス工業22年3月期決算=2期ぶり増収増益、北米事業が好調

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)が13日に発表した2022年3月期の連結業績は、売上高4兆4395億3600万円(対前期比7・6%増)、営業利益3832億5600万円(...

タカラスタンダード、マンションリフォーム特化型拠点オープン=都内墨田区、需要獲得の拠点に

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は都内墨田区で運用していた墨田ショールームをマンションリフォーム対応特化型のショールームと研修施設へ改装し、14日に1階を「東京M...

野村不動産、分譲戸建てにPV搭載=首都圏300戸、1千キロワット創エネ

野村不動産(東京都新宿区、松尾大作社長)は18日、首都圏を中心に展開する分譲戸建住宅「プラウドシーズン」に東京電力エナジーパートナー(東京都中央区、秋本展秀社長、以下東電EP)が...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)