今週の紙面

広告
広告 広告

ピックアップニュース

積水ハウス、2030年までに事業活動で排出するCO2排出量の削減目標を、従来の50%から75%に

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は5月25日、2030年までに事業活動で排出するCO2排出量の削減目標を、従来の50%から75%に引き上げたと発表した。 21年度実績...

旭化成ホームズ、3ヵ年の新中期経営計画=顧客生涯価値を最大化

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は5月30日、2022年度を初年度とする3ヵ年の新中期経営計画に関する記者説明会を開催した。 国内事業では生涯にわたる顧客価値...

ZEH支援を継続=政府の骨太方針、GXへ投資

政府は、5月31日に開催された経済財政諮問会議で2022年の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)の原案を公表し、ZEHなど省エネ住宅の取得・改修支援を推進するなど、「グ...

新設住宅着工2022年4月度、持ち家が昭和35年以来最少

国土交通省が公表した4月の新設住宅着工は、前年同月比2・2%増の7万6179戸だった。 貸家や分譲住宅が増加した。 持ち家は消費税率アップや新型コロナの影響が重なった...

所有者不明土地問題への対策=新たな基本方針、管理しやすい制度へ法改正目指す、区分所有法も見直し、登記申請義務化などの円滑施行へ

所有者不明土地問題への対策を推進する「所有者不明土地等対策の推進のための関係閣僚会議」の会合が5月27日、持ち回りで開催され、所有者不明土地などの新たな基本方針と、工程表の改定を...

スガツネ工業、幅8ミリ枠と一体化の薄枠用丁番発売=「薄枠丁番 HES1F―140型」、ノイズレスデザイン実現

隠し丁番メーカー大手のスガツネ工業(東京都千代田区、菅佐原純社長)は6日、室内ドア用丁番の新製品「薄枠丁番 HES1F―140型」を発売した。 同社によると見附けサイズ幅8...

よかタウンが福岡県の住宅供給で2年連続1位に、新卒から経営陣まで理念を共有=ケイアイスター不動産との連携で分譲住宅へのシフトが奏功

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)のグループ会社であるよかタウン(福岡市東区、野島幸司社長)は、2016年のグループ加入後に注文住宅から分譲住宅に受注をシフト。「福...

主要13社の21年度ZEH普及率、上位4社は9割に=比率とともに『品質』も向上

主要な住宅メーカー13社の2021年度のZEH普及率が出揃った。 各社がホームページなどで公表する21年度のZEH普及率は、一部企業を除き20年度の普及率を上回ったようだ。...

クレバリーホーム、今後の事業展開を発表=認知度向上目指し社名変更、バリュー商品展開で購入層拡大へ

新昭和グループのクレバリーホーム(千葉県君津市、松田芳輝社長)は5月26日、同グループが運営する「クレバリーホームハウジングスクエア」で、今後の事業発表ならびに新たに開設した平屋...

新環境基本計画へ議論加速=東京都、太陽光発電搭載義務化など盛り込む、ゼロエミに補正予算

東京都環境局が、新たな環境基本計画の策定に向けた議論を加速させている。 17日、新たな東京都環境基本計画を策定するにあたり、2030年に向けて延床面積2万平方メートル以上供...

国交省、共同住宅に補助、子育て支援、遊具や交流施設で

国土交通省住宅局は、2022年度の「子育て支援型共同住宅推進事業」の募集を6月1日から開始する。 子供の安全のための設備に補助したり、キッズルーム、プレイルームや遊具設置な...

22年度の木材確保支援-国交省、公募開始、採択10件を想定

国土交通省住宅局は、地域で安定的な木材確保のための取り組みに支援する「安定的な木材確保体制整備事業」の募集を開始した。 補助額は、体制整備費用に1件あたり1千万円。システム...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)