キーワード: 太陽光発電
タマホーム、蓄電池の設置時期自由の新サービス『ワンエネ』
2018年06月07日01面_住宅産業
 タマホーム(東京都港区、玉木康裕社長)は1日、太陽光発電システムと蓄電システムを組み合わせたリース形態の新サービス『ワンエネ』の提供を始めた。蓄電システムの設置時期を自由に選べることが特徴で、サービス契約期間は15年間、利用価格は初期費用9万8千円、月額のシステム利用料は太陽光...続きを読む
ZEH一次公募は22億円規模、環境省、1戸あたり90万円で3千件を支援、実績ゼロ優先枠新設
一公募で先着600件分  住宅のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化の補助事業で、環境省は5月28日から始まる一次公募で事業規模22億円を投じる方針だ。  1戸あたりの補助額は定額70万円で、一次公募数は約千件となる。これまでにZEHへの補助を一度も受けていないZ...続きを読む
積水化学工業、住宅用蓄電池を量産、19年度に6倍へ
 積水化学工業(大阪府大阪市、高下貞二社長)は23日、住宅向けフィルム型リチウムイオン電池の生産能力を2019年度下期までに、現在の約6倍に引き上げると発表した。19年末には、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の10年間の買取保証期間が終了する太陽光発電システム(PV)...続きを読む
三井ホームの『ナチュラル・ヒュッゲ・スタイル』、一次取得層向けに選択肢と価格設定、わかりやすさ追求
2018年03月08日02面_住宅産業
 三井ホームは、シンプル・高性能・コストパフォーマンスに優れた新しい暮らし提案型の戸建住宅となる『NATURAL HYGGE STYLE(ナチュラル・ヒュッゲ・スタイル)』を商品化した。同社独自のプレミアムモノコック構造による高い基本性能を維持しつつ、セミオーダー式のわかりやすい...続きを読む
アキュラホーム、「MIRAI ZEH―NEO(ミライ ゼッチ―ネオ)」発売
2018年01月09日07面_住宅産業
 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は2日から3月31日まで、全国一斉フェア「豊かな暮らしトータルデザインフェア」を開催。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様に加え、AIとIoTを採用した「MIRAI ZEH―NEO(ミライ ゼッチ―ネオ)」の販売を開始した。...続きを読む
ZEH予算、総枠前年並み水準に 住宅産業界に厳しい現実
2017年12月28日01面_住宅産業
 政府は2018年度当初予算を閣議決定した。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金は総額でほぼ前年度並みといわれており、住宅産業界が要望していた3省連携による大幅な増額は実現できなかったもようだ。一方で、税制面では懸念されていた新築住宅の固定資産税の減税措置の延長や、買...続きを読む
FIT終了した自社供給住宅の余剰電力を積水ハウスが買取、再生エネ100%
2017年10月26日01面_住宅産業
 積水ハウスは20日、2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う方針を明らかにした。19年度から電力固定価格買取制度(FIT)が順次終了することから、FITが終了した既存オーナーの太陽光発電システムで発電した余剰電力を同社が順次買い取っていく。...続きを読む
ヤマト住建、電力の自給自足で新商品を販売
2017年10月19日03面_住宅産業
 ヤマト住建(神戸市中央区、中川泰社長)は11日、太陽光発電システムと蓄電池を標準搭載し、電力の自給自足を実現するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を満たした高気密・高断熱住宅「エネージュEV」の販売を開始した。  大型太陽光発電(10・62kWh)により発電された...続きを読む
景観協定でフットパス中心に配置計画、建売全戸でZEH仕様に「スマートハイムシティ袖ヶ浦」
2017年09月21日06面_住宅産業
 積水化学工業住宅カンパニーは、全155区画の分譲地「スマートハイムシティ袖ケ浦」を公開した。まちづくりの特徴は、袖ケ浦市から景観協定の認定を受け、歩行者専用のフットパス「ガウラパス」を中心に配置計画を立てたことで、全戸の日当たりを確保。建売については、北側区画も含めて太陽光発電...続きを読む
ZEH推進協が講演会、「太陽光の利点説明」で課題解決へ、経産省は寒冷地の対応検討
2017年08月03日05面_住宅産業
 6月に設立された一般社団法人ZEH推進協議会が7月27日に設立記念講演会を開催した。「(建築主に)ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の経済的メリットを説明できない」「(建築主が)予算をもっていない」といった工務店など事業者が抱える課題に対し、小山貴史代表理事は、「建築主...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)