キーワード: 首都圏
大和ハウス工業、戸建分譲に宅配ボックス設置、首都圏中心に年500戸
2017年02月23日02面_住宅産業
 大和ハウス工業は、日本郵便、ポストや宅配ボックスなどを供給するナスタ(本社=東京都中央区、笹川順平社長)と協力し、再配達を減らすために不在時に荷物や書留郵便の受け取りが可能な新型宅配ボックスを設置した分譲戸建住宅を供給する。11日から販売を開始した、越谷レイクタウンの戸建分譲地...続きを読む
12月の新設住宅着工戸数、6ヵ月連続増 貸家プラスも勢いなく
 国土交通省が31日に発表した2016年12月の新設住宅着工戸数は、前年同月比3・9%増の7万8406戸で、6ヵ月連続の増加となった。持家、貸家、分譲がいずれもプラス。ただ、貸家の伸び率は縮小し、都市圏別にみると首都圏と中部圏でマイナスに転じた。利用関係別で見ると、持家は6・5%...続きを読む
中古戸建て成約件数が過去最高に、2016年の東日本レインズ調査
2017年01月26日05面_住宅産業
 公益財団法人東日本不動産流通機構は23日、2016年の首都圏(1都3県)不動産流通市場動向を公表した。それによると、中古戸建住宅の成約件数が前年同月比8・6%増の1万3195件となった。2年連続の上昇で過去最高になった。成約価格は0・6%上昇の3030万円となった。新規登録件数...続きを読む
ケイアイスター不動産、「東京本社」設置
2016年11月17日03面_住宅産業
 ケイアイスター不動産は10日、首都圏の拠点として東京都港区青山に置いていた「青山オフィス」を東京・丸の内に事務所移転するとともに、本社機能の一部を追加して17日付で「東京本社」に昇格すると発表した。首都圏の情報収集と事業活動の強化を図るという。東京本社所在地は東京都千代田区丸の...続きを読む
ハイム子会社とセントラルスポーツ、健康寿命伸ばすリフォーム第1号物件
2016年11月17日06面_住宅産業
 積水化学工業住宅カンパニーは、健康寿命を延ばすためのリフォーム『うちジム』『そとジム』の本格展開を開始した。セントラルスポーツと内外装の100%子会社・セキスイデザインテックが提携して実現したリフォーム商品で、『うちジム』の第1号物件が千葉県船橋市に完成した。第1号物件はマンシ...続きを読む
16年度上半期の新設住宅着工、貸家けん引し8年ぶり50万台
2016年11月03日01面_住宅産業
 国土交通省が発表した新設住宅着工によると、2016年度上半期(4―9月)の着工総戸数は、前年同期比6・0%増の50万151戸となり、8年ぶりに50万戸台を回復した。リーマンショックのあった08年上半期の58万964戸となったのを最後に、これまでの上半期では30~40万戸台で推移...続きを読む
サービス付き高齢者向け住宅、住宅メーカーの視点=自立型、社会的な価値に理解、積和グランドマスト
2016年10月06日02面_住宅産業
 2011年にスタートしたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、すでに全国で20万戸を超えた。住宅メーカーは、介護事業者などから請け負う形でサ高住の供給を行ってきたが、近年は各社の特徴を生かしたサ高住の供給を始めている。戸建住宅のトップ企業である積水ハウスは、14年から「自由、...続きを読む
タカショー、商材のアピール手法を向上=「魅力的な外構は大きなアピールポイント」と
2016年09月29日04面_住宅産業
 タカショー(和歌山県海南市、高岡伸夫社長)が商材のアピール手法の向上を図っている。7月に関東の旗艦ショールーム「首都圏ショールーム」で空間展示コーナーを新設したほか、9月開始の無料セミナー「タカショー商品&デザイン勉強会」で、外構施工のビフォー・アフター事例や、見積りと連動した...続きを読む
OKUTA、新築商品「ロハスタホーム」を開発、リフォームブランドを軸に新事業展開へ
2016年09月29日03面_住宅産業
 自然素材を使った環境に優しいリフォームブランド「ロハススタジオ」が評価され、首都圏で多くの実績があるOKUTA(埼玉県さいたま市、奥田勇会長)。2015年からは、一次取得層を中心に、マンションを含め希望する中古住宅を探し、仲介サービスからリノベーションまでワンストップで提供する...続きを読む
コスモスイニシアがリノベ事業強化、専門営業所を首都圏都市部エリア中心に展開
2016年09月15日06面_住宅産業
 コスモスイニシアは、リノベーション事業を強化する。9月より新たにリノベーションサービスの販売を開始し18年度には100件の受注獲得を目指す。その一環として10日に同社初となるリノベーション事業専門の営業所「&Renovation渋谷青山営業所」(東京都渋谷区神宮前)をオープンし...続きを読む

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)