◎積水ハウス、急性疾患対応PJ実用化へ生活者参加型で◎ | 住宅産業新聞

◎積水ハウス、急性疾患対応PJ実用化へ生活者参加型で◎

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は10日、急性疾患対応ネットワーク『HEDNET』の実用化へ向けたパイロットプロジェクトを、順次スタートさせると発表した。生体センサーにより、生活者の心拍・呼吸数を検知・解析する生活者参加型の実証実験を、同社が建築する首都圏の新築戸建住宅で行うものだ。2019年に発表した「プラットフォームハウス」の先駆けとの位置付けけにある。今後1年をかけて、急性疾患早期対応の商品化・サービス化へ向けて、センサーやアルゴリズムの精度、対応力を高めていく。

2020年12月17日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)