永大産業、BCMで本社新物流倉庫を9月から稼働=基礎かさ上げし受電設備2階に

永大産業(大阪市住之江区、枝園統博社長)は9月、2020年7月に本社建屋隣接の敷地内で着工しこのほど完成した本社新物流倉庫(以下、新物流倉庫)の運用を始める。

新物流倉庫の建設・運用開始は、過去の大型台風による被害で事業運営に深刻なダメージを受けたことを契機に取り組みを始めた事業継続マネジメント(BCM)施策の一環で、昨年10月には首都圏でも同様の主旨で「草加物流センター」(埼玉県草加市)を開設している。また、新物流倉庫の運用開始に合わせ近隣に分散していた倉庫の保管・物流機能を新倉庫に集約し、本社物流機能を効率化する。

新物流倉庫の建設と関連施策に対する一連の投資額は約15億円。同社は新物流倉庫の運用開始に当たり、「今春から本格運用をスタートさせたQRコード情報を活用して生産から配送までを一元管理する『物流管理システム』を新倉庫でも活用することで、取引先の方々にとってより利便性の高い配送を行う」とのコメントを出し、アピールしている。

2021年08月26日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)