YKKAPの環境活動、2020年度全目標を達成=今年度から「資源循環」や「水」なども

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は10日、「第5次中期環境事業計画」(2017~2020年度)の最終年となる20年度としてCO2排出量30%削減や廃棄物原単位30%削減といった全環境目標を達成したと発表した。

「さまざまな環境活動に取り組み、エコ商品の普及や社会貢献活動の強化による『社会にプラスの貢献』とエネルギーや廃棄物の削減による『社会への環境影響の最小化』の両面において、全テーマで計画を達成」(同社)とアピールした。

今年度以降については「カーボンニュートラル実現に向けESG・SDGsなど社会が目指す方向性を踏まえた環境政策をさらに深化させ持続可能な社会に貢献する取り組みを推進。21~24年度の新たな環境政策で『ライフサイクルの全ての段階で環境価値の創出』を目指し、各ステージで『気候変動』『資源循環』『水』『生物多様性』に取り組む」と説明した。

2021年08月26日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)