2020年度新設住宅着工戸数、8・1%減の81万2164戸=2年連続で90万戸下回る

国土交通省が公表した2020年度の新設住宅着工戸数は、前年度比8・1%減となる81万2164戸だった。

前年度からのマイナスも、90万戸を下回るのも2年連続だ。ここ10年では最少戸数。各利用関係別とも全圏域マイナスで、同省によると「大きな地域差はなく、全体的に落ち込んだ」。

もともと消費増税が響いて低迷していたところに、新型コロナウイルス感染症拡大が打撃となった。特に税率変更が尾を引いていたことや緊急事態宣言があったため、上期は2ケタ減の月も多かった。下期にはやや減少幅が縮小し、持ち直しの兆しにも見えるが、前々年度の95万2千戸台を大きく下回った。

20年度着工を利用関係別にみると、持ち家は7・1%減の26万3097戸で、総戸数同様、ここ10年で最も少ない。20年度よりも少ないのは26万戸台だった1961(昭和36)年度にまで遡る。しかし、貸家や分譲住宅に比べると持ち家は緊急事態宣言のあった上期に比べて、11月からはプラスに転じるなど回復の一面もある。

だが、国交省では、「先行きはまだ不透明。ベース(落ち込みのあった前年度)から見ても、まだ戻っていないのではないか」と捉えている。首都圏では2・1%減の5万6141戸、中部圏では9・5%減の3万8853戸、近畿圏は7・6%減の3万3755戸、その他圏域は8・3%減の13万4348戸だった。

2021年05月13日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)