大和ハウス工業・最高級戸建住宅商品を投入=1棟あたり7千万円超に、東名阪から展開開始

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、木造とRC造の混構造による同社史上最高級戸建住宅商品「ウッドレジデンス・希(マレ)」を4月29に発売した。

新設のトップデザイナーチームが設計を担当する。本体価格は3・3平方メートルあたり165万円(税込み)からを想定、1棟あたりの建物価格は7千万円以上になるとした。デザインや構造、素材選びに妥協せず、目の肥えた富裕層からの支持を集めたい考え。

居住用住宅のほか、デュアルライフや別荘などの需要も取り込むとした。まずは東京、大阪、愛知など8都府県で展開する。販売目標は年間50棟。

同社は新商品の発売に合わせて、東京・駒沢公園の住宅展示場に建設したウッドレジデンス・希のモデルハウスを公開した。素材選びにもこだわり、北欧の沼に3千年も埋まっていた希少価値の高い木材を床に敷いたり、樫の木にガラスコーティングを施した天板を使った特注のキッチンを備えた。同モデル棟の建設費用は「3億円を超えている」という。

2021年05月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)