キーワード: 長期優良住宅

長期優良住宅化リフォーム推進事業、通年申請タイプ募集

国土交通省はこのほど、2015年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の通年申請タイプの申請受け付けを開始した。通年申請タイプは、これまでに同事業を利用したことのない施工業者を対象に、提案・採択の手続きを経ずに補助金の申請を受け付ける制度だ。 補助対象となる工事は、戸建住宅...続きを読む

三井ホーム、2×4工法で「平成の京町家」に京都市から認定

三井ホームは7月24日、京都市から借地権付建売住宅4戸の建築計画に対して「平成の京町家」認定を取得したことを発表した。「平成の京町家」認定は、市が推奨するもので、大手住宅メーカーでは初めて。現在普及している一般的な工法に伝統的な京町家の知恵を取り入れた(一般型)として認定された...続きを読む

飯田グループホールディングス、建売分譲6子会社の躯体性能を長期レベルに一本化

飯田グループホールディングス(飯田GHD、西河洋一社長)はグループ傘下の6子会社が建築する建売分譲住宅の躯体性能を、住宅性能表示制度に基づく統一基準へ一本化した。従来は6社それぞれが自社での選択基準で建築していた。6月以降に確認申請を行う物件で統一基準として同制度の導入もしくは...続きを読む

中古住宅・リフォームに新潮流=新たな住宅政策、既存ストック活用が軸

国土交通省は現在、2016年3月に予定する住生活基本計画(全国計画)の見直しに向けた議論を重ねており、既存住宅ストックの活用を軸に新たな住宅政策を打ち出す方針を示している。既存住宅は適切な維持管理とリフォームなどにより質の向上と流通の促進を図り、空き家は用途転換など利活用の促進...続きを読む

益田建設、地域工務店向けに「真壁」商品化へ=今秋発売のハイブリットユニットパネル工法

益田建設(埼玉県八潮市、益田修一代表)は、地域工務店向けに今秋発売を予定している金物工法「ハイブリットユニットパネル工法」に、既に商品化を終えた大壁仕様のほか、新たに真壁仕様を加えることを決めた。国産集成材を使った手頃な価格の真壁・現しの木造住宅を高精度・高品質で供給できる体制...続きを読む

建物評価ルール改善など19項目、自民中古流通小委が提言案

自民党住宅土地・都市政策調査会中古住宅市場活性化小委員会(委員長=鶴保庸介参議院議員)は19日、「中古住宅市場の活性化に向けた論点整理と主な課題・提言事項案」をまとめた。 主な課題として「取引の信頼性・安全性の向上」、「中古住宅の品質の向上・可視化」、「その他流通環境の...続きを読む

全建連、林野庁補助事業活用し「ZENNプロジェクト」普及

全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)は林野庁の補助事業「木造住宅等地域材利用拡大事業」を活用、地域材を活用して長期優良住宅を建築する「ZENNプロジェクト」の普及を図る。 プロジェクトで使用する地域材の入手先として全国木材組合連合会(全木連、吉条良明会長...続きを読む

24日に木造長期優良住宅の総合的検証事業の成果報告会

日本木材保存協会と日本システム設計は、24日に「平成25年度木造長期優良住宅の総合的検証事業」の成果報告会を赤坂駅前カンファレンスセンターホールで開催する。 国土交通省住宅局住宅生産課は、木造長期優良住宅に関するディテールの整備と設計施工指針の作成を目的に木造長期優良住宅の...続きを読む

国交省、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集開始

国土交通省は6日、2014年度補正予算成立を受け「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集を開始した。応募期間は3月2日(月)18時必着。 募集する事業の概要は「評価基準に基づく長期優良住宅化リフォーム」で、①補助率は3分の1、上限100万円/戸、②全ての評価項目において新...続きを読む

国交省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」のインスペクター講習団体募集

国土交通省は5日、2014年度補正予算成立を受け「長期優良住宅化リフォーム推進事業」におけるインスペクター講習団体の募集を開始する。応募期間は5日(木)~20日(金)18時必着。応募期間内に応募書類を提出し、特定された団体を3月上旬をめどに長期優良住宅化推進事業事務局のHPで公...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)