三井ホーム、2×4工法で「平成の京町家」に京都市から認定

三井ホームは7月24日、京都市から借地権付建売住宅4戸の建築計画に対して「平成の京町家」認定を取得したことを発表した。「平成の京町家」認定は、市が推奨するもので、大手住宅メーカーでは初めて。現在普及している一般的な工法に伝統的な京町家の知恵を取り入れた(一般型)として認定された。認定住宅には50万円の補助金が交付される。京都椎木産木材である「みやこ杣木(そまぎ)」を内装材に採用し、道路側には出格子や付梁を設置するなど、京町家の外観に仕上げている。一方で、長期優良住宅認定を取得しており、断熱性、耐震性、耐久性も高い。

2015年07月30日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)