YKKAP、住宅性能リノベ「醍醐寺の家」=京町家再生で平安建材と協働 | 住宅産業新聞

YKKAP、住宅性能リノベ「醍醐寺の家」=京町家再生で平安建材と協働

外観イメージ外観イメージ

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は25日、報道機関と関係者を対象に、京都府内を中心に事業を展開する建材商社の平安建材(京都市右京区、中村憲夫社長)と協働し実施中の既存住宅改修事業「性能向上リノベーション実証プロジェクト『京都 醍醐寺の家』」(以下、醍醐寺の家)の完成前見学会を行った。

醍醐寺の家は、約半年空き家だった築112年(一部築54年)の木造2階建て京町家住宅を買い取り再販するもの。

再販に際しての価値向上として、3・49だった断熱性能(UA値)をHEAT20G2水準の0・46、0・14の耐震性能を等級3相当の1・50へと向上させるため、YKKAPの樹脂窓「APW330 木目仕様」や開口部耐震商品「フレームⅡ」などを採用した。

YKKAPは2017年度から既存分野の事業拡大として性能向上リノベーションプロジェクトを始めており、今年度は今回の物件を含め5件のプロジェクトを行う予定としている。

2019年10月31日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)