既存長期優良住宅認定基準の検討案、基本4項目を3段階評価に | 住宅産業新聞

既存長期優良住宅認定基準の検討案、基本4項目を3段階評価に

国土交通省が2013年度までに整備する既存住宅の長期優良住宅認定基準の検討案が明らかになった。

既存住宅において重要と考えられる劣化対策、耐震性、維持管理・更新容易性、省エネルギー対策を基本4項目とし、新築の長期優良住宅と同レベルから一部に高い性能が認められるものまで3段階の認定区分を設定する。基本4項目以外の評価項目とともに総合的に性能評価を行い、「S」「A」「B」の3区分で認定する。最高認定区分は新築の長期優良住宅と同様の支援を行うとした。

既存住宅における長期優良住宅の認定制度検討案は、国土交通省が民間から施策に反映する技術を公募する「平成23年度建築基準整備促進事業」で採択された事業の報告会で明らかにされた。

2012年4月19日付け7面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)