益田建設、地域工務店向けに「真壁」商品化へ=今秋発売のハイブリットユニットパネル工法 | 住宅産業新聞

益田建設、地域工務店向けに「真壁」商品化へ=今秋発売のハイブリットユニットパネル工法

益田建設(埼玉県八潮市、益田修一代表)は、地域工務店向けに今秋発売を予定している金物工法「ハイブリットユニットパネル工法」に、既に商品化を終えた大壁仕様のほか、新たに真壁仕様を加えることを決めた。国産集成材を使った手頃な価格の真壁・現しの木造住宅を高精度・高品質で供給できる体制を構築、受注力強化を模索する地域工務店に差別化商品と位置付け提案する。これにより同工法の提供サービスは大壁・真壁の両仕様とも、長期優良住宅仕様を標準に、ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)・低炭素認定住宅のラインアップとする方針。工法で使用するプレカット材およびユニットパネルの生産は、全国の地場プレカット事業者と提携して確保する計画だ。

2015年06月11日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)