旭化成次期中計、ホームズなど住宅領域で売上高営業利益率10%目標に

旭化成は、2016年度から3ヵ年の次期中期経営計画(次期中計)において、旭化成ホームズと旭化成建材で構成される「住宅領域」に対してグループ全体の中での役割を「安定持続成長」と位置づけた。中計で領域ごとの役割を明確にしたのは初めて。住宅領域において本業による稼ぐ力を示す売上高営業利益率10%を確保し、旭化成全体で同8%を目標とした。住宅領域は、将来的な住宅市場規模は縮小するものの、シェアを高めることに加え「新しい住宅まわりのニーズを取っていく」(浅野敏雄社長)とし、戸建住宅に加え、集合住宅や都市部を中心とした再開発事業にも注力する考えを示した。旭化成ホームズでは今後、グループ全体の次期中計を踏まえて同社の16年度以降の経営計画を策定する意向だ。

2015年06月04日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)