キーワード: 長期優良住宅

全建連、林野庁補助事業活用し「ZENNプロジェクト」普及

全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)は林野庁の補助事業「木造住宅等地域材利用拡大事業」を活用、地域材を活用して長期優良住宅を建築する「ZENNプロジェクト」の普及を図る。 プロジェクトで使用する地域材の入手先として全国木材組合連合会(全木連、吉条良明会長...続きを読む

24日に木造長期優良住宅の総合的検証事業の成果報告会

日本木材保存協会と日本システム設計は、24日に「平成25年度木造長期優良住宅の総合的検証事業」の成果報告会を赤坂駅前カンファレンスセンターホールで開催する。 国土交通省住宅局住宅生産課は、木造長期優良住宅に関するディテールの整備と設計施工指針の作成を目的に木造長期優良住宅の...続きを読む

国交省、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集開始

国土交通省は6日、2014年度補正予算成立を受け「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集を開始した。応募期間は3月2日(月)18時必着。 募集する事業の概要は「評価基準に基づく長期優良住宅化リフォーム」で、①補助率は3分の1、上限100万円/戸、②全ての評価項目において新...続きを読む

国交省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」のインスペクター講習団体募集

国土交通省は5日、2014年度補正予算成立を受け「長期優良住宅化リフォーム推進事業」におけるインスペクター講習団体の募集を開始する。応募期間は5日(木)~20日(金)18時必着。応募期間内に応募書類を提出し、特定された団体を3月上旬をめどに長期優良住宅化推進事業事務局のHPで公...続きを読む

益田建設、ハイブリッドユニット工法の見学会・説明会を開催へ

益田建設(埼玉県八潮市、益田修一代表)は2015年春に供給開始を予定している会員制工務店支援システム「ハイブリッドユニット工法」の上棟見学会および工法説明会を行う。 15日に一般エンドユーザーを対象とした上棟見学会を埼玉県八潮市内の同社分譲地で行うほか、27日に地域工務...続きを読む

長期優良住宅、14年度上半期は2年ぶりマイナス

国土交通省は10月30日、9月末までの長期優良住宅の認定実績戸数を公表した。 それによると、2014年度上半期(4―9月)は前年同期比19・4%減の4万8835戸と2年ぶりにマイナスへ転じた。内訳をみると、戸建てが16・4%減の4万8534戸、共同住宅等が87・8%減の...続きを読む

7-9月の新築戸建て低炭素認定数は545戸

国土交通省は24日、7―9月の新築における低炭素建築物の認定状況を公表した。 それによると、7月は前年同月比21・7%増の381件、8月は98・1%増の426件、9月は1・1%増の272件と3ヵ月連続で増加したが、水準は三ケタだった。なお、長期優良住宅の認定数は1万戸を...続きを読む

住団連が制度調査、「長期優良」85%が認定取得

一般社団法人住宅生産団体連合会は、住宅生産事業者における『住宅性能表示制度等取組実態調査』報告をまとめた。 それによると、住宅性能表示制度については事業者のほぼ半数が「評価書を取得」し、長期優良住宅認定は戸建住宅の85%の事業者が「認定を取得」と回答。一方で、低炭素建築...続きを読む

住生活月間中央イベント・スーパーハウジングフェアin広島

11日と12日の2日間にわたって、広島県広島市の広島産業会館で「第26回住生活月間中央イベントスーパーハウジングフェアin広島」を開催した。 「家族がうれしい『省エネ住宅』最前線」をテーマに、最新の省エネ住宅についてパネルやアニメで紹介。一方、広島の住宅・建築イベントで...続きを読む

全建連、「ZENN」のモデルハウス神奈川に=ムク材使用し長期優良住宅

全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)が7月に立ち上げた注文戸建住宅ブランド「ZENN」の特徴は、(1)構造体などに地域のムク材を使用(2)長期優良住宅仕様(3)標準プランに自社独自の仕様を加えることが可能(4)営業ツール一式の提供――など。 開発に際して...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)