住宅瑕疵担保責任保険協会 | 住宅産業新聞

キーワード: 住宅瑕疵担保責任保険協会

住宅瑕疵担保責任保険協会、既存住宅状況調査技術者講習6月26日からスタート

一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会は6月26日から7月27日まで、既存住宅状況調査技術者講習(新規・移行)を開催する。 同講習を終了し「既存住宅状況調査技術者」として登録すると、当該登録者は宅建業法の「建物状況調査」の実施資格が生じ、その調査結果は「安心R住宅」の認証...続きを読む

既存住宅現況検査、講習共催を開始=木住協と建築士事務所協会

住宅瑕疵担保責任保険協会が2013年11月から運用を始めた資格認定制度「既存住宅現況検査技術者登録制度」と、他の業界団体とのコラボレーションが始まった。 日本木造住宅産業協会と日本建築士事務所協会連合会はそれぞれ、従来行ってきた既存住宅インスペクション資格と瑕疵担保保険...続きを読む

木住協の2014年度事業、防耐火・長期優良のリフォーム手引き作成

日本木造住宅産業協会(矢野龍会長)は5月29日、定時総会後の会見で2014年度の事業計画の骨子を発表した。 今年度事業の新規施策となるのは、(1)既存の木住協リフォーム支援制度のコンテンツ拡充として「省令準耐火」・「耐火」・「長期優良住宅化」の各リフォームの手引きを作成...続きを読む

住宅瑕疵担保責任保険協会、既存住宅現況検査技術者講習会を2月に追加開催

一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会(早川博会長)は2月下旬、東京・岡山・京都・埼玉で既存住宅現況検査技術者講習会を行う。 講習を受講し考査に合格した受講者は協会に登録される。既存住宅現況検査技術者が所属する、住宅瑕疵担保責任保険法人から登録検査機関と認定され建築士事務所登...続きを読む

住宅瑕疵担保責任保険協会、11月から既存住宅現況検査技術者講習をスタート=新保険と併せ利用料割安に

一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会は8日、国土交通省の既存住宅インスペクション・ガイドラインに準拠した既存住宅現況検査技術者登録制度を創設、運用として11月から全国10都市で第1回既存住宅現況検査技術者講習を始めると発表した。 既存住宅現況検査技術者を擁し、建築士事務所登...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)