全建連「ZENN」プロジェクト開始、工務店に長期優良住宅の注文住宅プラン提供 | 住宅産業新聞

全建連「ZENN」プロジェクト開始、工務店に長期優良住宅の注文住宅プラン提供

全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)は15日、全国の地域工務店を利用対象に全建連が開発した木造軸組工法の注文住宅ブランド「ZENN」提供プロジェクトの概要を発表した。

構造躯体に国産ムク材50%以上・認定長期優良住宅仕様・一部構造材の現し意匠――を利用条件とする『ZENN標準プラン』のパッケージを、プロジェクト入会事業者に提供する。エンドユーザーに対する延床面積30坪標準プランの建物の想定販売価格は1500万円(税別)以下。入会事業者は標準プランに地域性や独自性を反映させ、自社仕様のZENNとして販売可能。商談のその場で見積り提案ができるシステムや説明用パンフレットなどの支援ツールも提供される。

全建連では28日から入会受付を始め、今後各地で説明会を実施する。入会は来年6月までに100社、3年後に1千社を目指す。モデルハウスを埼玉、神奈川、徳島に建て見学会も行う方向だ。

2014年07月17日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)