建物評価ルール改善など19項目、自民中古流通小委が提言案

自民党住宅土地・都市政策調査会中古住宅市場活性化小委員会(委員長=鶴保庸介参議院議員)は19日、「中古住宅市場の活性化に向けた論点整理と主な課題・提言事項案」をまとめた。

主な課題として「取引の信頼性・安全性の向上」、「中古住宅の品質の向上・可視化」、「その他流通環境の整備」の3つについて、早急に取り組むべき事項と中期的に実現すべき事項に分けて、提言を示している。早急に取り組むべき事項では、不動産事業者による「囲い込み」の抜本対策としてレインズシステムにおけるステータス管理機能の導入、長期優良住宅の普及のための長寿命化リフォームへの支援、リバースモーゲージの普及のための建物評価ルール改善と市場への定着など19項目をあげた。

提言では今後、提言事項に対応した工程表を示すとした。

2015年03月26日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)