自民党、レインズ改善など中古市場活性化へ提言

自民党政務調査会は5月26日、住宅土地・都市政策調査会(会長=金子一義衆議院議員)と中古住宅市場活性化小委員会(委員長=鶴保庸介参院議員)の合同会議を開催し、売買物件「囲い込み」解消のためのレインズ(指定流通機構)ルールの抜本的改善などを盛り込んだ、中古住宅市場活性化に向けた8つの提言案をとりまとめ、内容の承認を得た。今後、正式に自民党案として発表する予定。会議後、小委員会の鶴保委員長は「提言は、十数回の議論を積み重ねた力作であり、中古市場の活性化に向けての初めての提案だと思う。まだ粗いところはあるが第一歩として示した」とし、市場活性化に向けた諸問題の抜本的な解決への意欲をみせた。

2015年06月04日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)