設備・建材 | 住宅産業新聞 | Page 11

記事の分類: 設備・建材

パナソニックLS社、樹脂製宅配ボックス「コンボライト」発売=価格3万円台、「ラージタイプ」荷室高さ70センチ

ミドルタイプ パナソニック・ライフソリューションズ社(大阪府門真市、道浦正治社長)は21日、後付け用宅配ボックス「COMBO―Light(コンボライト)」を発売する。 本体が樹脂製、荷受け高さサイズ最大70センチ対応(ラージタイプ)、希望小売価格3万9800円(税別)の廉価さ――は、いず...続きを読む

ワールドハウジングクラブ、住宅キット販売のプラットフォーム「ホームアイランド」立ち上げ=戸建てプランと資材セット販売、耐震等級3とHEAT20G2標準で

ワールドハウジングクラブ(東京都中央区、横田有平社長、以下WHC)は地域工務店向けの新ビジネスとして10月10日、平屋・2階建ての新築木造戸建住宅商品の設計プランと建築資材・住宅設備をパッケージ商品(以下、住宅キット)として販売するプラットフォーム「HOME i LAND(ホーム...続きを読む

ワールドハウジングクラブ、「ホームアイランド」の住宅キット商品の断熱性能・HEAT20G2はトリプルガラス樹脂窓で=「未来パネル」に設置、21年エアロゲル製断熱材も

サービスのイメージ ワールドハウジングクラブ(東京都中央区、横田有平社長、WHC)は10月10日、木造戸建住宅の商品キット販売を行うプラットフォーム「HOME i LAND(ホームアイランド)」の運用を始める。 供給する全商品で耐震性能等級3とHEAT20G2を標準とする。専用のトリプルガラス...続きを読む

大阪北部地震と台風21号、需要変える=商品選びに〝安全・安心〟の基準、「塀」と「カーポート」に

昨年、ある時期を境に、エクステリア市場で特定商品の販売が急増する現象が起きた。大手住設各社が住宅向けに販売する目隠しタイプのアルミフェンスと折板屋根タイプのカーポートが、昨年6月に発生した最大震度6弱の大阪北部地震と9月の台風21号の被害のあと、数割以上の大きな伸びを示した。 ...続きを読む

TOTOの新マット調「クリーン マット」、清掃性と質感の均一性を向上=取り扱い復活25年ぶり、凹凸に曲面形状を採用

TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は2日、8月発売で高級ホテルやハイエンド層向けの新商品「ベッセル式洗面器」TAと同TL・TRの各シリーズの表面仕様のラインアップに、艶を抑えたマット調の「クリーン マット」(以下、クリーンマット)を加えた。 ヒアリングなどで把握したニ...続きを読む

YKKAP、エクステリア事業強化へ本腰=〝外構も一体設計〟提唱、エクステリアフォーラム初開催

フォーラムの会場風景 YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)がエクステリア事業の本格的な強化に乗り出す。 戸建住宅事業者がエクステリアのグランドデザインも住宅と合わせて一体設計し、詳細デザインの実現はエクステリア専門事業者に外注することで、自社にエクステリア部門を持たない戸建住宅事業者でも高い...続きを読む

パナLS社の白澤BU長、「国内IoT戦略〝タッチポイント〟軸に」と=事業売上高、30年度2倍へ

パナソニック・ライフソリューションズ社(大阪府門真市、道浦正治社長)は国内電設資材事業のIoT戦略の方向性として、住宅用分電盤や住宅室内のスイッチやコンセントといった居住者の〝タッチポイント〟を軸にした各種の新サービス実現を目指す。2日に行った事業戦略説明会の中でエナジーシステム...続きを読む

住宅用火災警報器、設置10年で故障や電池切れの可能性=「火災時に鳴らない」と関係者懸念、消防庁〝約1%で電池切れ・故障〟報告

2006年の住宅用火災警報器の設置義務化から10年以上が過ぎた。 住宅用火災警報器の効果として、消防庁が15年から17年の3年間で設置により死者数を4割減らしたとする分析を公表していることから、その火災時の警報音が居住者の命を守る重要な役割を果たしていることは間違いない。し...続きを読む

サンゲツの増収増益、反動増と壁装材売り上げ増などで

サンゲツ(愛知県名古屋市、安田正介社長)の2020年3月期第1四半期連結決算は、壁紙商品見本帳の回収・再配布が響き利益が減少した前年同期の反動に昨年10月から始めた値上げの浸透が加わり、営業利益が前年同期比94・5%増と大幅な増加になった。 売上高は1・6%増。住宅向けが過...続きを読む

クリナップ、営業損益が黒字化=駆け込みで「ラクエラ」増

クリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)の2020年3月期第1四半期の営業損益は、システムキッチンの主力商品がモデルチェンジの端境期となり販売が低迷した前年同期の2億1100万円の赤字から改善し、2億3500万円の利益となり黒字化した。 これにより最終損益も前年同期の1億83...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)