キーワード: 健康
大賀建設、 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014で優秀賞受賞
 大賀建設(埼玉県さいたま市、須賀洋介代表)は16日、財団法人日本地域開発センターによる、省エネルギー住宅のトップランナーを選定する『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014』で「RASSURE STYLE (ECO LIFE】」が"優秀賞"を受賞したと発表した。受賞商品...続きを読む
「断熱改修は健康に良い影響」、BL・健康長寿住宅エビデンス取得委員会
 住宅の温熱環境の改善が高齢者の健康に良い影響を与えることを、一般財団法人ベターリビングの健康長寿住宅エビデンス取得委員会が実証した。高齢者が日中の大半を過ごす居室の窓と床を部分断熱改修し、高齢者の健康指標で代表的な「血圧」の動向に着目。部分断熱リフォーム前後で、血圧の低下や起床...続きを読む
ウッドワン=ウェブ上で簡単に「断熱改修効果」予測
 ウッドワンは、断熱リフォームの効果予測を行うシミュレーションソフト「健康・断熱リフォームシミュレーター」を同社ホームページ上で公開した。断熱改修の効果をわかりやすく訴求して、商品の拡販と断熱改修の普及につなげる。  インターネットに接続できる環境があれば、誰でも簡単に、無...続きを読む
棟匠グループ、台湾で地域材の需要開拓を模索=木材輸出し1棟目上棟
 地域工務店が独力で、県産木材の海外での需要開拓を模索――。茨城県内をメーン商圏に地域材販売と新築戸建住宅事業を展開している棟匠グループは2014年11月下旬、台湾で別荘用途に使われる木造軸組住宅を上棟した。  グループは製材事業者・林産(茨城県常陸大宮市)と新築戸建住宅事...続きを読む
大成建設ハウジング、パルコンに「邸宅」シリーズ
 大成建設ハウジングは、壁式鉄筋コンクリート(RC)造住宅「パルコン」のバリエーションで、中高級設備仕様の『パルコン邸宅シリーズ』を発売した。通常の陸屋根仕様に加え、新たに寄棟屋根を追加。全3タイプで富裕層向けの浸透を強化する。健康やエコロジー、防犯といった機能性をはじめ使い勝手...続きを読む
省エネリフォームシンポ開催、各分野の代表が議論交わす
 塩ビ工業・環境協会は、既存住宅の断熱性能向上の取り組みを普及させるため、住宅供給者や住宅部品メーカーなどのさまざまな立場の課題や事例を共有するシンポジウム「環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウム――省エネ・健康リフォームをいかにして普及させるか」(後援=国土交通...続きを読む
パナES社、HEMS接続可能機種を拡張
141127001
 パナソニックエコソリューションズ社は、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の機能を強化する。同社のHEMS商品「スマートHEMS」に接続する機器を現在の16機種から20機種に拡張する。照明スイッチや空気清浄機などの同社独自の機器と接続・連携してHEMSの利便性を向上、普及・...続きを読む
三井ホーム、回復想定以上に遅れ、2×6導入踏まえ受注強化
 三井ホームの市川俊英社長は、記者会見を行い「消費税の8%増税の反動減を考慮した受注見通しを立てていたが、回復が想定より遅れ厳しい状況」との現状認識を示した。  その一方で、構造材の2×4材から2×6材への変更を軸にした独自の『プレミアム・モノコック構造』導入効果や、新たな...続きを読む
トヨタグループ初のサ―ビス付き高齢者住宅「T─グランシア水源」
 トヨタホームとトヨタすまいるライフのサービス付き高齢者住宅『T─グランシア水源』(愛知県豊田市水源)が、13日のオープンを前に準備が急ピッチで進む。  運営を手がける、トヨタすまいるライフの清水一平社長は「施設の善し悪しは、働くスタッフがどういう意識でサービスを提供するか...続きを読む
UR団地を地域医療福祉拠点に、23団地で先行実施
 都市再生機構は23日、地域の医療福祉拠点として活用する23のUR団地を公表した。  2018年度までに100団地程度で実施する予定だが、先行して23団地を選定。このうち豊島5丁目団地(東京都北区)での取り組みを同日、報道関係者向けに公開した。  住み慣れた地域で高齢...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)