パナソニックが「健康な暮らし続くまち」、総勢15者が知見を結集=吹田で関西初のSST | 住宅産業新聞

パナソニックが「健康な暮らし続くまち」、総勢15者が知見を結集=吹田で関西初のSST

完成予想イメージ完成予想イメージ

パナソニック(大阪府門真市、津賀一宏社長)は17日、大阪府吹田市岸辺の同社工場跡地を活用した新たなスマートタウン開発構想を、連携する異業種13社と吹田市とともに発表した。

2014年11月にオープンした神奈川県藤沢市、18年3月にオープンした同横浜市綱島に続く第3弾で、関西エリアでは初のスマートタウン開発となる。まちの名称は「Suitaサスティナブル・スマートタウン(SuitaSST)」とし、22年春のまちびらきを予定した。

吹田市と隣接する摂津市の2市が連携し、JR岸辺駅北側で複合医療産業拠点の整備を進める北大阪健康医療都市(健都)とも連携し、高齢者や子育て世帯などの多世代が交流し、健康な暮らしが続けられるようなまちを目指すという。

津賀社長は、「高齢化は世界各国で深刻化している。SuitaSSTを拠点に、住民一人ひとりに寄り添い、進化し続ける町として、世界をリードする健康な暮らしを発信したい」と意気込みを話した。

2019年09月26日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)