積水ハウス=「健康つくる家」でMITと共同研究、世界中の高齢化課題解決 | 住宅産業新聞

積水ハウス=「健康つくる家」でMITと共同研究、世界中の高齢化課題解決

両者の代表が握手両者の代表が握手

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は18日、在宅健康モニタリングシステムの実現に向けたマサチューセッツ工科大学(MIT)との中長期の共同研究の概要を説明した。

自宅内での非接触センサーによる生体データの取得や急性疾患の早期発見などにつなげる。仲井社長は、「高齢化は、これから半世紀のうちに世界中で急速に進展し、近未来の重要課題となる」として、MITとの共同研究で得られた成果や知見を、必要とされるあらゆる地域で展開する考えを示した。

MIT主任研究員のアンソニー教授は「MITが持つグローバルなエコシステムを活用することで、(MITの本部がある)ケンブリッジだけでなく、世界中にインパクトが与えられる」と、MITと共同研究を行うことの利点を紹介する。

同研究の成果は、積水ハウスが2020年に発売する予定のプラットフォームハウスに、随時、実装される見込みだ。

2019年10月31日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)