キーワード: 太陽光発電
京セラ、蓄電システム新製品で充電効率を向上
kyosera0224
 京セラは、国内住宅用リチウムイオン蓄電システムで、充電効率の向上と設置スペース・コストの削減を実現した「マルチDCリンクタイプ」と、国内最大クラスとなる蓄電容量12kWhを備えた「大容量タイプ」の2種類を6月以降、順次発売する。  マルチDCリンクタイプは、太陽光発電シス...続きを読む
エクソル、PV EXPO2015に出展
 太陽光発電システム専門企業のエクソル(京都府中京区、川勝一司代表)は、25日~27日に東京ビッグサイトで行われる太陽光発電総合イベント「第8回国際太陽電池展――PV EXPO2015」の出展概要を発表した。総面積243平方メートルの大空間に、住宅用太陽電池モジュールなどの幅広い...続きを読む
2014年10~12月のPV出荷、前年同期比2割増に
pvin
 一般社団法人太陽光発電協会(略称=JPEA)は、2014年度第3四半期(14年10月~12月)の太陽電池出荷量をまとめた。モジュール総出荷量は2461MW(前年同期比19%増)となった。出荷量は上昇傾向にあり、6四半期連続で総出荷量が2GWを超えた。  モジュールの用途別...続きを読む
大賀建設、 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014で優秀賞受賞
 大賀建設(埼玉県さいたま市、須賀洋介代表)は16日、財団法人日本地域開発センターによる、省エネルギー住宅のトップランナーを選定する『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014』で「RASSURE STYLE (ECO LIFE】」が"優秀賞"を受賞したと発表した。受賞商品...続きを読む
パナソニックの創蓄連携システム、蓄電容量が2割アップ
pana
 パナソニックエコソリューションズ社は、太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電システムを連携させる新製品「住宅用・創蓄連携システム」を3月25日から受注する。蓄電容量は5.6kWhと11.2kWhの2種類を用意。蓄電池ユニットは10年保証を付けた。新築だけでなく、リフォームにも提...続きを読む
ソーラーパートナーズ、10kw未満の売電拒否分補償=反応みて15年度継続も
 太陽光発電の工事会社ネットワークを運営するソーラーパートナーズ(東京都港区、中嶋明洋代表)は22日、同社が運用する太陽光発電の相談・見積もりサイト「ソーラーパートナーズ」から見積り依頼を行い、同社運営のネットワークに加盟する登録工事業者から10キロワット未満の住宅用太陽光発電を...続きを読む
アキュラホーム、商品開発PJ「結果」に結実=試行棟反映させ都市部で太陽光10kw超搭載可能に
 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)が2013年に始めた商品開発プロジェクト(PJ)が結果を出し始めた。  PJは本社および各営業エリアの事業部で、特定エリアで訴求力が高いと判断した要素を「試行棟」に盛り込み建築、盛り込んだ要素をさらに高度化し実際の住宅商品開発に...続きを読む
セキスイハイム東海、浜松にV2ハイムのオープンハウス
 セキスイハイム東海は、鉄骨系住宅『VtoHeim(ブイ・トゥ・ハイム)』の宿泊体験型オープンハウスを、分譲地「コレクションスクエア浜松」(静岡県浜松市)内に、2月7日オープンさせる。  オープンハウスは、10・3キロワットの大容量太陽光発電(PV)システムとコンサルティン...続きを読む
14年度上半期の1棟単価と床面積、8社中5社プラス
 2014年度上半期に受注された、戸建住宅大手メーカーの戸建住宅1棟あたりの平均棟単価は、対象8社のうち5社が前年同期実績を上回った。  太陽光発電(PV)システムや蓄電池の搭載をはじめ、環境配慮仕様による高付加価値化が進展。さらに、多世帯や多層化も単価アップに貢献したもよう。...続きを読む
小泉産業、PVによる売電事業を開始
141127002
 照明専業大手のコイズミ照明を傘下に持つ小泉産業(大阪市中央区、梅田照幸社長)は、再生エネルギー固定価格買取制度を活用した太陽光発電システム(PV)による売電事業を開始した。  LED照明器具製造2拠点に設置するPV発電所で発電した電力を、関西電力に全量売電する。...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)