サンテックパワージャパン、既存戸建て向けの蓄電システム供給サービスを開始 | 住宅産業新聞

サンテックパワージャパン、既存戸建て向けの蓄電システム供給サービスを開始

太陽光事業を展開するサンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオ・ジャン社長)は12月、いわゆる「2019年問題」対応の新事業として、太陽光発電電力を効率的に自家消費することに役立つ『ハイブリッド蓄電システム+HEMS(家庭用エネルギー管理システム)』を、主に「BtoBtoC」の形態で太陽光発電システムを搭載している既存戸建住宅の居住者に向けて供給するサービスを始める。創業50周年を記念し7月28日に同社が行った事業戦略説明会で、ガオ社長が発表した。また、来年6月以降には前述のサービスで扱う商材として、自社開発した約4・0キロワットタイプのハイブリッド蓄電システムを、市場で流通する同タイプの製品より3割程度安い価格で投入し、価格面で同様のサービスを提供する事業者との差別化を強める方針だ。

2017年08月03日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)