キーワード: 首都圏
ミサワ、相続テーマに営業マン向け研修順次開催へ
 ミサワホームは、資産活用や戸建住宅の営業マンを対象にした『資産活用営業実務スキルアップ研修』を、エリア単位で順次開催していく。  一般社団法人相続マイスター協会と連携し、同協会が運用する「相続マイスターAdvanced」資格取得を促進する。第1弾で、7月までに首都圏の社員...続きを読む
4月の首都圏中古流通、戸建て成約数二ケタ減
 公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は14日、4月の首都圏中古住宅流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建住宅の成約件数は前年同月比13・4%減の927件で3ヵ月連続で減少した。1年前の水準が高かったため、その反動で減少幅が拡大し二ケタ減となった。成約...続きを読む
パナホーム、首都圏の資産活用事業強化、新たな営業拠点展開
 パナホームは、首都圏の資産活用事業強化に取り組む。  店舗や賃貸併用に適した重量鉄骨造の都市型住宅『Vieuno(ビューノ)』を軸に、7階建てまでを可能とする商品力強化と新たな営業拠点「ビューノ・プラザ」を設置。東京の2棟のモデルハウスとも連携しながら、地域密着型の営業展開を...続きを読む
13年度首都圏不動産流通市場、中古戸建て成約数3年連続プラス
 公益財団法人東日本流通機構は16日、2013年度の首都圏不動産流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建住宅の成約件数は、前年度比3・1%増の1万2123件となり、3年連続でプラスとなった。03年度以来の過去最高を更新した。成約物件の価格は首都圏平均で0・2%下落の2...続きを読む
パナホーム、首都圏の資産活用事業強化、新たな営業拠点展開
 パナホームは、首都圏の資産活用事業強化に取り組む。  店舗や賃貸併用に適した重量鉄骨造の都市型住宅『Vieuno(ビューノ)』を軸に、7階建てまでを可能とする商品力強化と新たな営業拠点「ビューノ・プラザ」を設置。東京の2棟のモデルハウスとも連携しながら、地域密着型の営業展開を...続きを読む
不燃公社つなぎ融資、住金機構賃貸融資向けに
 一般財団法人首都圏不燃建築公社は、4月から住宅金融支援機構の賃貸住宅融資に対するつなぎ融資を開始した。  つなぎ融資は物件の着工から竣工までに必要となる工事資金を貸し付けるもので、同機構の賃貸住宅融資に対する同公社の保証を受けた人が対象。融資を受けた全額相当を竣工時までに受け...続きを読む
野村不アーバン、4月1日時点の首都圏住宅地変動率は値上がり地点減少
 野村不動産アーバンネットは10日、4月1日時点の首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」の動向を公表した。それによると、住宅地価格変動率は値上がり地点割合が前回(1月1日)よりも減少し、「横ばい地点」が増加して8割以上の地点が横ばいとなった。  中古マンション価格は、値上...続きを読む
13年首都圏新築マンション、購入物件は東京23区が8年ぶり4割超
 リクルート住まいカンパニーはこのほど、2013年首都圏新築マンション契約者動向調査の結果を公表した。  それによると、購入物件の所在地は東京23区が41・9%と8年ぶりに4割を超えた。平均購入価格は4168万円で2001年の調査開始以来最高額となった。購入理由で最も多いのは「...続きを読む
2月は首都圏中古戸建て、中古マンションとも成約数減少
 公益財団法人東日本不動産流通機構は10日、2月の首都圏不動産流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建ての成約件数は3ヵ月ぶりに減少、中古マンションも18ヵ月ぶりにマイナスへ転じた。都県別でみると、中古戸建てが千葉県、中古マンションが東京都と埼玉県を除きマイナスだった...続きを読む
不動産業業況等調査、経営状態が前回より悪化
 一般財団法人土地総合研究所は20日、1月1日時点の不動産業業況等調査を公表した。  それによると、住宅・宅地分譲業の経営状況は、「良い」「やや良い」との回答から「悪い」「やや悪い」を引いて求めた指数で8・8ポイントと、プラスは維持したものの前回(2013年10月調査)から13...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)