住宅部品企業がショールームをテコ入れ、集客力を強化 | 住宅産業新聞

住宅部品企業がショールームをテコ入れ、集客力を強化

住宅部品企業がショールームのテコ入れを進める。ショールームの強化がリフォーム事業拡大に直結するためだ。各社とも、地域の旗艦店のリニューアルなどに積極的に投資して、集客力の強化を図る。

業界最多となる全国約170ヵ所のショールームで地域密着型営業を展開するタカラスタンダードは、2年間で4分の1のショールームの刷新を行った。

「ショールーム来館者数×決定率=売上」を持論とする渡辺岳夫同社社長は、ショールームをリフォーム事業の要に位置づける。リニューアルのコンセプトは「ワクワクするショールーム」(同)だ。今年度もショールーム投資の勢いを継続させる。

10年ぶりに全面改装した新宿ショールームは、首都圏のマンション事情に適したコンパクトなキッチン空間を展示するなど、地域性も考慮した。

2014年08月28日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)