トヨタホームなど、0歳児からの安全仕様、戸建て全商品に展開 | 住宅産業新聞

トヨタホームなど、0歳児からの安全仕様、戸建て全商品に展開

トヨタホームは、0歳児からの〝赤ちゃん〟の安全・安心に配慮した住宅仕様『Smilism(スマイリズム)』を、現行の戸建住宅全商品に展開する。

育児用品メーカーであるアップリカとのコラボレーション企画で、一次取得の子育て層向けとなる。同志社大学赤ちゃん学研究センター長の小西行郎教授の監修など、専門家の協力も得て行った。

山科忠トヨタホーム社長は、「これまで、安全・安心を基本にさまざまなコンセプトの住まいを提供してきた。ただ、一般に赤ちゃんといわれる3歳児以下の層に配慮した商品はなかった。今回、そこの部分を埋めるための商品開発」としている。

スマイリズムは、アップリカの製品づくりの独自基準「笑顔の理由8・3・8」をベースに、商品コンセプトを「赤ちゃんの笑顔を育む家は、みんなの笑顔を育む家」に設定。全体監修を小西教授、睡眠部分監修を三池輝久熊本大学名誉教授が行うなど専門家の協力で、赤ちゃんの視点に立った住まいを実現した。

2014年08月28日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)