13年度住宅ローン新規貸出額、4年連続増加し20兆6629億円に

住宅金融支援機構は、2013年度の個人向け住宅ローン新規貸出額と貸出残高を公表した。

それによると、住宅ローンの新規貸出額は前年度比2・3%増の20兆6629億円と4年連続で増加し、3年連続で20兆円台となり、住宅着工回復を反映して好調だった。

業態別のシェアをみると、国内銀行が72・0%と前年度より0・1ポイント伸び、同機構の全期間固定金利「フラット35」の買取型は9・0%で1・8ポイント低下した。12年10月に終了した年0・7%の金利優遇「フラットSエコ」の影響で、13年度はシェアが下がったものと思われる。

新規貸出の内訳をみると、メガバンクなど都市銀行、地方銀行などを合わせた国内銀行は2・5%増の14兆8925億円で3年連続で増加した。

信用金庫は7・1%増の1兆7982億円、独自の固定型住宅ローンを供給する労働金庫は16・1%増の1兆5947億円でいずれも再びプラスに転じた。

2014年08月28日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)