東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ | 住宅産業新聞

東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ

積水化学工業住宅カンパニーで、首都圏を担当する東京セキスイハイム(埼玉県蓮田市)は、社員大工の育成を本格化させた。

大工の高齢化やベテラン大工の引退など、将来的に大工不足が深刻化する見通しに対応したもの。生産子会社のユニット住宅工場内に「東日本施工技術センター」を設置し、マナーなどの基礎から和洋室の技能研修まで、約1年半をかけて育成する。

社員大工の育成については、建築技能職の若者離れが進んでいることに伴うもの。

施工子会社である東京セキスイハイム施工の鬼塚政則社長は「年間10人程度が高齢や病気を理由に離職する一方で、身分が安定しない下請職では若い人の応募がない状況が続いていた。そこで、ハイムグループの社員として採用するとともに、きちんと教育する仕組みを構築することで、若者が来るようになった」としている。

2014年08月07日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)