寒風荒ぶ戸建住宅業界、早急なカンフル剤必要/贈与税非課税枠は期待感も | 住宅産業新聞 | Page 4

寒風荒ぶ戸建住宅業界、早急なカンフル剤必要/贈与税非課税枠は期待感も

一方で、13日付け日本経済新聞を開いた団体幹部は、ある一文に目が釘付けとなった。安倍首相が、2019年10月の消費増税について「10%への引き上げなんてとんでもない」と周辺に語った、という部分にだ。住宅産業界は現在、2度の引き上げ延期を受けて「3度目はない」として、影響を最小限に食い止める方策に腐心する。そんな折の記事の発信で、「記事の真偽もわからぬまま〝再々延期〟が1人歩きするのが怖い」と戸惑いを隠せない。
戸建住宅業界にとっての当面の課題は、超低金利下でも動かぬ冷え切った、消費者マインドへの対策だ。再々延期という根拠のない安堵感の広がりが、取り返しのつかない遅れにつながりかねないと、危機感を露わにする幹部もある。このままでは混迷は深まるばかりで、明確な方針を早急に打ち出すべきだろう。

2016年12月22日付面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)