ヤマダ・エスバイエルホームの長野純一社長インタビュー、コンセプト明確化し同業他社と差別化へ

ヤマダ・エスバイエルホームの長野純一社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え「2016年度(17年2月期)を〝第2の創業〟と位置づけ、『ストアロイヤリティの向上』と『営業力強化』に改めて取り組む」との方針を強調した。主力の新築戸建住宅事業については、ヤマダ電機グループのシナジーも生かしながら、コンセプトを明確化し同業他社との差別化を図る。見込み客の7割が土地なし客という状況を踏まえ、一次取得層向けの深耕を目指し用地取得を活発化。営業体制強化へ向けて、採用増とともにスキルアップのための社員教育も徹底させる。

2016年12月15日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)