キーワード: 耐震
フラット35S金利下げとエコP復活を補正予算で
 自民党は、住宅金融支援機構のフラット35Sの金利引き下げ幅拡大と住宅エコポイント制度の復活を今年度補正予算案に盛り込む意向を示した。  消費増税に伴う住宅着工の落ち込みが「内需の停滞をもたらすおそれもある」とし、2015年度税制改正と今年度補正予算案に盛り込む政策を、11日の...続きを読む
トヨタホーム、「シンセ・ジャストキューブ」と「シンセ・グレートソーラー平屋」
 ジャストキューブは、延床面積100平方メートル前後のプランが中心の提案で、小面積帯のニーズに応える。また、平屋は片流れの大屋根仕様で14キロワットの太陽光発電(PV)システムが搭載できる。いずれも、独自の鉄骨ユニット住宅「シンセ」シリーズとしての展開となる。  シンセ・ジ...続きを読む
適合義務化で省エネ分野でも既存不適格物件、住生活月間シンポでエネパス協の今泉氏が指摘=既存住宅の95%
 埼玉県住まいづくり協議会(風間健会長)は17日の住生活月間シンポジウムで、日本エネルギーパス協会代表理事の今泉大爾氏による講演「人口減少でトレンドが変わった?~住宅の性能が資産価値になる時代に」を行った。  協会代表理事のほか本業の不動産仲介業・明和地所(千葉県浦安市)の...続きを読む
病院耐震性向上へリート活用を検討、国交省が来年3月にガイドライン
 国土交通省は9月26日、病院の耐震性向上などを進めるためにリートが投資できる体制を整える目的で「病院等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会」(座長=田村幸太郎弁護士)を立ち上げた。  現在、サービス付き高齢者向け住宅などのヘルスケア施設に対するリ...続きを読む
とよたエコフルタウン・LIXILパビリオン=下、減築の中庭を通風装置に
 LIXILが愛知県豊田市に建設した「LIXILパッシブファーストパビリオン」内には、同社のリフォーム関連商品を紹介する「リフォーム棟」がある。親子3人で暮らしていた築20年前後の平屋建てのリフォームを想定し、耐震、断熱、ユニバーサルデザイン、パッシブファーストに配慮したリフォー...続きを読む
民間住宅ローン利用予定者の今後1年の住宅買い時感増す
 住宅金融支援機構は17日、今後5年以内に住宅取得に伴う民間住宅ローンを利用する予定の「民間住宅ローン予定者」のアンケート調査結果を公表した。  それによると、今後1年程度は住宅取得のチャンスだと思うかとの問いに、思うとの回答割合が42・2%となり、前回(2月調査)より8・...続きを読む
ミサワ「ミサワパーク東京」リニューアル、「見て触れて体感」テーマに
 ミサワホームは、住まいづくりの体験型施設『ミサワパーク東京』(東京都杉並区)をリニューアルした。〝見て触れて体感できる〟をテーマに、よりアクティブな演出を導入。独自の「住まいるりんぐ」や耐震木造住宅「MJ-Wood(エムジェイ・ウッド)」のコーナーも新設した。  ミサワパ...続きを読む
ミサワホーム、戸建分譲強化へブランド化戦略
 ミサワホームグループが、戸建分譲住宅事業強化としてのブランド化戦略に取り組む。  このほど、耐震木造軸組構法住宅「MJWood(エムジェイ・ウッド)」の分譲ブランド『アルビオコート』の第1弾となる「同一橋学園(東京都小平市)の販売に着手。工業化住宅をベースにするスマートハ...続きを読む
積水ハウス、木造住宅「シャーウッド」の構法一新
 積水ハウスは、木造住宅『シャーウッド』の構法を一新した。  一般的な木造軸組構法の4倍の強度を持つ耐力壁をはじめ、モノコック構造とラーメン構造の両方の長所を合わせ持つ構造、集成材と鋼材を一体化した構造材などを組み合わせた新構法「ハイブリッドS─MJ」を開発。耐震性能を維持...続きを読む
都が老朽マンション対策で独自施策、15年7月メドにとりまとめ
 東京都は2015年7月をメドに、老朽化したマンションの建て替えや耐震化、適切なマンション管理などを推進するための施策のあり方をとりまとめる。  都内には築40年以上の分譲マンションが2013年時点で12万6千戸あり、18年で24万5千戸、23年には42万8千戸と今後急増す...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)