第1回ウッドデザイン賞、林野庁長官賞に積水ハウス、LIXIL、ナイスが受賞

第1回ウッドデザイン賞(主催=ウッドデザイン賞運営事務局、後援=林野庁)の農林水産大臣賞1点、林野庁長官賞9点、審査委員長賞30点が10日に発表された。農水大臣賞は(株)西粟倉・森の学校が受賞したが、優秀賞である林野庁長官賞には積水ハウスの「シャーウッド~純国産プレミアムモデル~」、LIXILの「連続開口設計サポート」、ナイスの「住まいの耐震博覧会」がそれぞれ受賞した。審査委員会は、積水ハウスを「消費者に対して、地域ブランド材の価値を可視化するコミュニケーションプログラムも併せ持っている点が秀逸」、LIXILを「システム化によって一般ビルダーへの普及を目指し、暮らしの豊かさをもらたす木造住宅を広げていくというビジネスモデルとして効果」、ナイスを「消費者からプロまで木づかいの選択肢を広げる契機」と、それぞれ評価した。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2015年12月17日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)