国土交通省新任幹部会見・由木文彦住宅局長、空き家と高齢者課題

由木文彦住宅局長は、14日に専門紙記者団との就任会見に応じ「住宅局は、幅広く奥深い職務を担っており課題も多いが、自分のやるべき仕事をやり切るつもり。住宅局のメンバーと力を合わせて課題に取り組みたい」との抱負を述べた。
現在、見直しに向けて議論を続けている住生活基本計画の見直しについては、空き家対策と高齢者対応の2点を最重要課題とした。空き家などストックについては「その8割近くが旧耐震基準で建てられているというデータもある」と指摘。旧耐震基準の空き家に対しては、建替え促進と除却し他用途へ転換することなどが必要とした。

2015年09月17日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧