国交省、空き家のサ高住化補助の公募開始

国土交通省は、2015年度サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)整備事業の公募を開始、16年2月29日まで募集する。昨年度の募集との主な変更点は、空き家や事務所ビルなど、既存ストックの活用を促すため「改修にかかる事業について優先して採択する」点と、補助対象の改修工事の中に、空き家などをサ高住に用途変更する際、建築基準法に適合するよう住戸間の界壁を改良する工事など「用途変更などにより法令に適合させる工事」が追加された点が挙げられる。4月の高齢者住まい法の共同省令の改正でサ高住のサービス提供者の常駐場所がこれまでの「敷地または隣地」から「概ね500メートル以内の近接地」に緩和されたこともあり、空き家などを活用したサ高住の供給促進を図る。

2015年05月14日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)