キーワード: 育成
LIXILビバ、17年以降にアジアへ出店
 渡邉修LIXILビバ社長は、「スーパービバホームさいたま新都心店オープン内覧会」で、国内での新店舗出店と並行して、2017年以降に東アジアやASEAN地域にホームセンターを出店する中長期の事業計画を明らかにした。  現在、市場調査を行っており、地元企業との協業の可能性などの出...続きを読む
LIXIL、リフォーム事業者団体登録で協会設立
 LIXILと、同社のフランチャイズチェーン加盟店は、国土交通省による住宅リフォーム事業者団体登録制度の創設を受け、一般社団法人住生活リフォーム推進協会(通称=ホープ)を設立した。技術・知識研修などで会員の人材育成を行い、生活者に対して、より大きな安心と信頼を提供する。  ...続きを読む
ヤマダS×L、増収益も計画未達で業務改善や人材育成強化
 ヤマダ・エスバイエルホームの松田佳紀社長は、大幅な増収ながらも計画値で未達に終わった2015年2月期第2四半期連結決算を受けて、業務改善に基づく下期以降の収益の回復へ取り組む方針を示した。  内製化率の上昇によるコストダウンと、営業力強化のための人材育成を推進。特に、消費...続きを読む
旭化成ホームズ、EcoゾウさんCLUB10周年で報告書
 旭化成ホームズは、家族の環境意識を育成することで、CO2削減を目指す会員組織「EcoゾウさんCLUB」の10年間の活動報告をまとめた。  会員全体の年間エネルギー消費量は、この10年で徐々に減少していることや、会員の7割が「この活動が省エネ行動に効果がある」と回答。省エネ...続きを読む
女性5人を含む389人が建設マスター
 国土交通省は10日、2014年度の優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)の顕彰式典をメルパルクホール(東京都港区)で開催した。  建設マスターは、第一線で「ものづくり」に従事し、特に優秀な技術・技能を持った後進の指導・育成などに貢献した建設技能者に対して表彰するもの。...続きを読む
JBN、呼称を「全国工務店協会」に
 ジャパン・ビルダーズ・ネットワーク(JBN、青木宏之会長)は9日・10日の2日間、「JBN全国大会in神奈川2014」を開催した。  JBN関係者のほか国土交通省など関係省庁から来賓が多数出席したほか、自民党衆議院議員の小泉進次郎内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官が基調講演...続きを読む
高齢者の持ち家資金化をFP支援、国交省・相談や研修体制を15年度に整備へ
 国土交通省は、2015年度から高齢者の持ち家を資金化するための相談体制の整備や専門家育成を新たに手がける。  相談体制の整備では、ファイナンシャル・プランナー(FP)などによる高齢者の住宅資産に関する相談会やセミナー、相談窓口の設置などを検討する。また、住宅資産活用に関す...続きを読む
若い技能者に「心」、一人前の社会人に=積水ハウス教育訓練C
 最も重視して教育するのは、1人前の社会人として必要なマナーと振る舞い、そして体力──。  積水ハウスが直接運営する、2ヵ所の「訓練校」の基本方針だ。技術の継承による将来の施工力の確保を目的としながらも、次代を担う若い技能者に対し積水ハウスの「心」ともいうべき理念を身に付け...続きを読む
リフォーム事業者団体登録制度を開始、消費者に情報提供
 国土交通省は1日、住宅リフォーム事業者団体登録制度を創設し、登録団体申請受付を開始した。  悪質リフォーム事業者を排除して消費者が事業者を適切に選択できるよう、事業者に対する人材育成や情報提供、消費者への相談体制などの要件を備えた事業者団体を国に登録。国は消費者保護のために必...続きを読む
BLのB&Gプロジェクト、環境保全活動の拠点を岩手に
 一般財団法人ベターリビング(東京都千代田区、那珂正理事長)は、同財団が主催する「ブルー&グリーンプロジェクト」の植樹活動の拠点を岩手県陸前高田市に移した。植樹を通じて、同市内の名勝「高田松原」の再生活動の支援を行う。  同プロジェクトは、省エネ型ガス給湯・暖房機の普及にあ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)