リフォーム事業者団体登録制度を開始、消費者に情報提供 | 住宅産業新聞

リフォーム事業者団体登録制度を開始、消費者に情報提供

国土交通省は1日、住宅リフォーム事業者団体登録制度を創設し、登録団体申請受付を開始した。
悪質リフォーム事業者を排除して消費者が事業者を適切に選択できるよう、事業者に対する人材育成や情報提供、消費者への相談体制などの要件を備えた事業者団体を国に登録。国は消費者保護のために必要な指導を行うことが可能になる。
団体登録は3年ごとの更新。団体登録としたのは、工務店やホームセンター、電気・ガス事業者など手がける業種が幅広く「事業者単位の把握が難しい」(同省)ため。同省は、10月に都道府県に対して団体登録制度の説明を予定している。

2014年09月04日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)