まちづくり | 住宅産業新聞 | Page 12

キーワード: まちづくり

住宅エコポイント、3次補正で復活へ 前田国交大臣

前田武志国土交通大臣は8日、専門紙記者団と会見に応じ、7月末の工事で終了した住宅エコポイントを第3次補正で復活する考えを示した。東北の復興において低炭素まちづくりを掲げ、被災地の復興を全国的なモデルケースとする考えで、そのために第3次補正予算で住宅エコポイントを復活して低炭素ま...続きを読む

独法見直しで基本方針、支援機構の住宅融資保険など民間代替後「廃止」

政府の行政刷新会議(議長=菅直人首相)は11月26日、独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針を決定した。全独立行政法人の事業・組織について廃止、不要資産の国庫返納などを示したもの。住宅金融支援機構の住宅融資保険とまちづくり融資は2012年度、賃貸住宅融資が11年度から廃止と...続きを読む

民主国交部門会議に中古市場整備など4つのワーキング設置

民主党国土交通部門会議(座長=田村謙治衆院議員)は4日、中古住宅市場整備ワーキングチーム(WT)など4つのワーキングチームの設置を決めた。比較的優先度の高い政策について党として議論する。 4つのWTのメンバーを8日まで募集し、早ければ近日中に活動を行う。同部門会議では、今回...続きを読む

住友林業、東京・八王子で単独初の大規模分譲

住友林業は、25日「まちづくり事業部」初の大規模分譲となる『フォレストガーデン京王堀之内』(東京都八王子市)の戸建分譲第1期(5戸)の販売を、26日から開始すると発表した。 30歳代~40歳代の一次取得層を中心ターゲットに設定。柱と土台に「多摩産材」の認証材を採用し、地域へ...続きを読む

国交省など3省、低炭素社会に向けた住まい・住まい方推進会議の初会合

国土交通省、経済産業省、環境省は3日朝、「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」(委員長=茅陽一(財)地球環境産業技術研究機構副理事長兼研究所長)の初会合を開いた。すべての新築に対して省エネ基準義務化することなどを柱にその具体策を検討。検討すべき課題として、新築のみならず...続きを読む

政府の事業仕分け、都市機構の都市再生事業や賃貸事業など「縮減」

政府の行政刷新会議は26日、都市再生機構の都市再生事業、賃貸事業、関係法人との取引について、事業仕分けを行った。都市再生事業については、同機構が手がける基準を明確にして「縮減」。賃貸住宅も、高齢者向けなど政策的に必要なものは、地方自治体や国による支援を検討しつつ「縮減」と判定し...続きを読む

国交省の成長戦略会議、住宅都市分科会を新たに設置

国土交通省は7日、成長戦略会議を開き、重点分野として住宅・都市分野を加えた。これまで観光など4つの重点分野について、成長施策を議論してきたが住宅・都市分野も議論のなかで不可欠だとの意見があり、新たに加わることとなった。これに伴い、2人の委員が任命され、安昌寿日建建設副社長が住宅都...続きを読む

国交省と経産省、住宅など温暖化対策で連携

国土交通省と経済産業省は2日、第1回地球温暖化・エネルギー関係対策合同ワーキングチームを開催した。三日月国交大臣政務官と近藤経産大臣政務官が中心となり、自動車、物流、民生(住宅・建築物)、建設機械、まちづくり(エコタウン、スマートタウン)の5つについて、短期、長期の具体的な施策を...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)