振興財団がまちなみシンポ、海外での住宅開発テーマ | 住宅産業新聞

振興財団がまちなみシンポ、海外での住宅開発テーマ

一般財団法人住宅生産振興財団は、「第26回住生活月間協賛・まちなみシンポジウムin東京」を24日に開催する。

『海外で活かされる日本のまちづくり』をテーマに、海外における住宅開発の事例を踏まえ、これからの住宅産業の海外戦略を議論する。

プログラムは、第1部で佐々木宏幸・明治大学理工学部建築学科専任准教授が「海外における住宅地開発」と題し基調講演。第2部はパネルディスカッションで、渡和由・筑波大学芸術系環境デザイン領域准教授をモデレーターに、佐々木氏ほか金容善・東京大学大学院新領域創成科学研究科研究員、奥野博昭・大和房屋(蘇州・無錫)房地産開発有限公司総経理、川島裕・アーバンデザインインターナショナル代表取締役が参加する。

2014年10月02日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)