政府・与党が中古流通を空き家対策に、まちづくりなどと共に複合施策で対応

総務省の住宅・土地統計調査で公表された空き家率13・5%、820万戸という数字は世間の高い関心を集めた。

空き家の利活用が課題となっているが、政府・与党はまちづくりや中古住宅流通といった複合的な施策で空き家問題に対応する方針を打ち出している。

中心的な施策となるのが中古住宅市場の活性化で、自民党も中間まとめで「中古住宅が市場で流通することによる空き家の発生防止、地方部等への住み替えや二地域居住の円滑化等」を中古住宅流通の効果として期待している。これを踏まえて、国土交通省においても住宅局、土地・建設産業局、都市局が連携して中古住宅活性化施策の具体化を進めている。

まちづくりではコンパクトシティを推進するために市町村がマスタープラン(立地適正化計画)を策定する。マスタープランで指定された居住を誘導する区域においては住宅開発を誘導する。誘導区域内では、住宅事業者による都市計画・景観計画の提案制度があり、居住環境の向上を図る。居住地域の円滑な誘導には、住み替えで生じた住宅を取引できる中古住宅流通が不可欠となる。

2014年10月23日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)