キーワード: 首都圏
積水ハウス、高齢者向け新ブランド
 積水ハウスは、高齢者向け賃貸住宅ブランド「グランドマスト」を立ち上げるとともに、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などの運営・管理を手がける新会社『積和グランドマスト』を設立した。独自ブランド「グランドマスト」を年間50棟ペースで開設し、5年後に管理戸数5千戸の規模を目指す。...続きを読む
ミサワグループ、営業利益率改善へグループ体制強化
 ミサワホームが、グループ体制の強化に乗り出す。  エリア強化の一環で首都圏ディーラー(販売会社)が持つ機能を見直し、新築販売と施工、リフォーム、不動産の各事業に統合・再編し、機動性のある運営を行う。また、間接業務を集中・統合するシェアード・サービスを拡大するとともに、間接...続きを読む
東急ホームズ、基本構造を2×6材に、制震ダンパーも
 東急ホームズは、注文住宅『ミルクリーク』の基本構造(外周壁)を、従来の2×4(ツーバィフォー)から2×6(ツーバィシックス)へ変更するとともに、住友ゴム工業の住宅用制震ダンパー組み込みを標準化して、首都圏販売エリアで展開する。  新ミルクリークは、外周壁の構造材の厚みが4...続きを読む
戸建て居住者の相続税対策、わずか6%に
 50歳代・60歳代の戸建住宅居住者で、相続税対策をしているのはわずか6%──。住宅メーカー9社による共同プロジェクト「イエノミカタ」の調査結果。また、相続税法改正の影響が「わからない」との回答も約4割となり、一般生活者に内容の浸透が進んでいない実態がわかった。  調査は、...続きを読む
7―9月期の首都圏不動産流通、中古戸建て成約数4期連続減
 公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は17日、2014年7―9月期の首都圏不動産流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建ての成約件数は前年同期比11・3%減の2637件と4期連続で減少した。中古マンションの成約件数も9・0%減の7588件と2期連続...続きを読む
住みたい街トップ「吉祥寺」と「西宮」、メジャー7のマンショントレンド調査
 マンション購入を考える人が住んでみたい街のトップは首都圏が「吉祥寺」、関西圏が「西宮」だった。首都圏は7年連続で「吉祥寺」、関西圏は2年連続で首位だった。  新築マンションポータルサイト「MAJOR7」(住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデ...続きを読む
旭化成不動産レジデンス、京急糀谷駅前再開発でマンション2棟
 旭化成不動産レジデンスの13件目となる法定再開発のマンション2棟が、「糀谷駅前地区第1種市街地再開発事業」(東京都大田区西糀谷)の一環で着工した。  一般財団法人首都圏不燃建築公社とともに、参加組合員として事業参画を行っている。マンションの販売時期は2015年1月、竣工時...続きを読む
長谷工アーベストの住みたい街(駅)ランキング、「吉祥寺」が10回連続1位
 長谷工アーベストはこのほど、首都圏居住のモニターを対象にした「住みたい街(駅)ランキング」を公表した。  それによると、2014年の1位は「吉祥寺」で調査開始以来10回連続(08年は未調査)で1位だった。2位は「横浜」、3位は「自由が丘」と3年連続で順位が変わらなかった。...続きを読む
三井不動産G4社、福岡で住宅フェア
 三井不動産や三井ホームなどグループ4社は、エルガーラホール福岡天神(福岡市中央区天神)8階中ホールで『三井のすまいモールすまいとくらしのフェア』を、10月5日に開催する。  同フェアは、住宅の購入・売却・賃貸、建築、建て替え、リフォームや不動産の有効活用を検討している層に...続きを読む
住宅宅地分譲業の経営状況が悪化、6期連続プラスも悪化鮮明
 一般財団法人土地総合研究所は19日、7月1日時点の不動産業業況等調査を公表した。  それによると、住宅・宅地分譲業の経営状況について、「良い」「やや良い」との回答から「悪い」「やや悪い」を引いて求めた指数が1・7と6期連続プラスだったが、前回(4月1日時点)から10ポイン...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)