キーワード: 注文住宅

木造軸組工法の単価は18万6618円に=16年の新築個人住宅総工事費、建設物価調査会総合研究所調べ

一般財団法人建設物価調査会総合研究所は、2016年着工の新築個人住宅(戸建住宅)の契約価格や工事費などを調査し、総工事費の1平方メートルあたり単価は平均で19万2615円だったとの調査結果を発表した。 中央値は18万1853円だった。 同調査は、12年から不定期...続きを読む

タマホーム、新中計で販売目標1万1千棟目指す=注文住宅、各地域でトップ狙う

玉木康裕社長 タマホーム(東京都港区、玉木康裕社長)は17日、13日に行われた取締役会において、2021年5月期を事業計画最終期とする新中期3ヵ年経営計画「タマステップ2021」を策定したと発表した。...続きを読む

アキュラホーム、分譲事業に本格参入、ヒルサイドテラス若葉台を公開

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は21日、同社として「初めて基礎から開発」することになる戸建分譲地「ヒルサイドテラス若葉台」(東京都稲城市)を30日から一般公開するにあたり報道関係者に公開した。 分譲地内では、太陽光発電で得た売電収入を維持管理費として運用す...続きを読む

新築注文住宅の予算、140万円増の平均4334万円、国交省の住宅市場動向調査

国土交通省の2017年度の住宅市場動向調査結果によると、住宅の購入資金は、土地を購入した注文住宅新築世帯では平均4334万円で、前年度の4194万円から伸びた。 ただ三大都市圏では、4513万円から4472万円へと41万円減少した。分譲戸建住宅は3840万円と、前年度の...続きを読む

ノーブルホーム、アッパー層への訴求狙い総合展示場へシフト

茨城県の水戸・ひたちなかエリアを中心に注文住宅を展開しているノーブルホーム(茨城県水戸市、福井英治社長)は、外観などのデザイン性にこだわった商品ラインアップを打ち出し、年間供給棟数は750棟を数えている。1月に「宇都宮インターパーク」(栃木県上三川町)に出展し、10月には「かし...続きを読む

ペット関連支出増で注文住宅に商機、日本愛玩動物協会=ペット共生住宅に注目

世帯ごとの消費支出は年々減少しているのに、ペット関連支出は増加している――この総務省統計局の調査から「ペットのことになると、財布のひもは緩む」との解を導き出したのは、飼主の教育事業などを展開する公益社団法人日本愛玩動物協会だ。同協会は、「ペット共生住宅」の普及に乗り出し、今年1...続きを読む

ECO HOUSEがドイツ建材の使用を推進

埼玉県川口市、さいたま市、蕨市などを中心に注文住宅を手掛けているECO HOUSE(埼玉県川口市、松岡浩正社長)は、木製繊維断熱材「ECOボード」をはじめとするドイツ建材を使用する取り組みを推進。(1)長持ちする住宅性能の確保(2)省エネで安全に住めること(3)未来の環境に負荷...続きを読む

省エネ適合義務化、住宅も議論へ 国交省、18年度に新たな場の設定を検討

国土交通省住宅局は2月22日、「住宅・建築物のエネルギー消費性能の実態等に関する研究会」の第5回会合を開催し、建売住宅に比べ注文住宅は省エネ基準への適合率が高いことや、中規模以上の住宅に比べて小規模住宅の方が光熱費の低減額は大きい一方で、小規模住宅は追加コストが数倍になること、...続きを読む

桧家HDのビルトイン型宅配ポスト、想定下回り新たな間取りプラン検討も

桧家ホールディングス(桧家HD、東京都千代田区、近藤昭社長)とナスタ(東京都港区、笹川順平社長)が共同開発したオリジナルのビルトイン型宅配ポスト「留守番ポスト」は、2017年3月の販売開始から12月までの新築注文住宅を中心とした導入実績が100棟だったことがわかった。同社では、...続きを読む

広島建設、セミオーダーの注文住宅に注力

広島建設(千葉県柏市、島田秀貴代表)は千葉県の東葛および京葉エリアをはじめ東京都、埼玉県、茨城県の一部地域で注文住宅を主軸に年間600棟を受注している。また、2011年3月に発生した東日本大震災以降、住友ゴム工業の住宅用制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」を木造耐火住宅以外...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)