キーワード: 経済産業省
キッチン・バス工業会が賀詞交歓会、消費増税の反動は峠越えた
 キッチン・バス工業会は9日、新年賀詞交歓会を開催した。国土交通省や経済産業省、内閣府、関連団体、メーカーなどから360人を超える関係者が集まり、新しい年の始まりを祝った。有代匡同工業会会長のあいさつは次の通り。  「昨年のキッチン・バス業界に大きなインパクトを与えたのは、...続きを読む
省エネリフォームシンポ開催、各分野の代表が議論交わす
 塩ビ工業・環境協会は、既存住宅の断熱性能向上の取り組みを普及させるため、住宅供給者や住宅部品メーカーなどのさまざまな立場の課題や事例を共有するシンポジウム「環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウム――省エネ・健康リフォームをいかにして普及させるか」(後援=国土交通...続きを読む
トヨタすまいるライフ、豊田市でスマートハウスとマンション複合開発
 トヨタホームグループのトヨタすまいるライフは、愛知県豊田市で『Smile×Smart PROJECT』をスタートさせた。  全棟スマートハウスの分譲戸建住宅と、経済産業省の認定を取得したスマートマンションによる、全153戸の複合開発。スマート化だけでなく、電線類の地中化や...続きを読む
キッチン・バス工業会の台所・お風呂川柳、笑いに包まれる表彰式
 キッチン・バス工業会(会長=有代匡・LIXILグループ執行役副社長)は、第10回キッチン・バスの日記念「台所・お風呂の川柳」(住生活月間協賛事業・内閣府「家族の日」「家族の週間」賛同事業、後援=内閣府、経済産業省、国土交通省)の表彰式を行った。  最優秀賞のキッチン・バス...続きを読む
エネファーム、発売5年目で累計10万台突破
 家庭用燃料電池「エネファーム」が2014年9月、発売開始から5年で累計販売台数10万台を突破した。  10万台突破記者発表会で、戸邉千広経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部燃料電池推進室長は「電力やガスのシステム改革によって、業界の垣根がなくなる。エネフ...続きを読む
全国のリフォームイベント連携、統一のロゴや専用チラシも
 全国の住宅リフォーム関連の消費者向けイベントを連携させる『リフォームで生活向上プロジェクト』がスタートした。  統一のロゴマークや専用のチラシ、ホームページを通じて相乗効果を図るとともに、それぞれのイベントについても内容の充実や集客の向上に取り組む。  同プロジェク...続きを読む
経産省、先進リフォーム事業者の表彰制度で第1回募集
 経済産業省は、『先進的なリフォーム事業者表彰制度』を創設し、このほど公募を開始した。  独自のビジネスモデルで、他の事業と差別化された強みのあるリフォーム事業者の取り組みを顕彰する制度。第1回目は三大都市圏(東京・名古屋・大阪)を対象に計15者の選定・表彰を予定している。...続きを読む
パナホーム、ZEH仕様で新ブランド、補助金対応も
 パナホームは、戸建住宅『エコ・コルディス』と『カサート』両シリーズに、ネット・ゼロ・エネルギー(ZEH)仕様をパッケージ化した「BlueEnergy(ブルーエナジー)」ブランドを展開する。  経済産業省の「ZEH支援事業」における補助金制度の要件に対応できる仕様も視野に、ZE...続きを読む
経産省=再生可能エネルギー買取価格、住宅用は37円
 経済産業省は、2014年度の再生可能エネルギー買い取り価格と賦課金を決定した。  10キロワット未満の住宅用太陽光は1キロワット時あたり37円(前年度比1円安)で、買取期間は10年(変更なし)。また、10キロワット以上の非住宅用太陽光は同32円(同4円安)、買取期間は20年(...続きを読む
経産省所管の2014年度予算案、1万世帯にHEMS、ネットゼロエネ住宅補助も
 政府が閣議決定した2014年度予算案のうち経済産業省所管分は、前年度比7%増の1兆5439億円だった。  このうち1万世帯程度へのHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の導入実験を行う大規模HEMS情報基盤整備事業として40億円を新規で計上した。HEMSとつながる大規模な情...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)