キーワード: 首都圏
7月の首都圏中古流通市場、中古戸建て成約数は5ヵ月連続減少
 公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)はこのほど、7月における首都圏中古住宅の流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建ての成約件数は前年同月比15・3%減の910件で5ヵ月連続マイナスで、5月以来の二ケタ減となった。平均成約価格は4・5%下落の286...続きを読む
住宅部品企業がショールームをテコ入れ、集客力を強化
 住宅部品企業がショールームのテコ入れを進める。ショールームの強化がリフォーム事業拡大に直結するためだ。各社とも、地域の旗艦店のリニューアルなどに積極的に投資して、集客力の強化を図る。  業界最多となる全国約170ヵ所のショールームで地域密着型営業を展開するタカラスタンダー...続きを読む
東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ
 積水化学工業住宅カンパニーで、首都圏を担当する東京セキスイハイム(埼玉県蓮田市)は、社員大工の育成を本格化させた。  大工の高齢化やベテラン大工の引退など、将来的に大工不足が深刻化する見通しに対応したもの。生産子会社のユニット住宅工場内に「東日本施工技術センター」を設置し...続きを読む
2014年度第1四半期の新設住宅着工、9・3%減の21万8834戸
 国土交通省の建築着工統計によると、2014年度第1四半期(14年4月~6月)の新設住宅着工戸数は、前年同期比9・3%減の21万8834戸となった。  都道府県別でのプラスは7府県にとどまる一方で、二ケタダウンは26県に及んだ。三大都市圏別では、近畿圏は大阪と兵庫が堅調でわ...続きを読む
首都圏・近畿圏の不動産市況=14年マンションション供給戸数予測を下方修正
 長谷工総合研究所は7月24日、2014年上半期の首都圏・近畿圏分譲マンション市場動向と14年の見通しを公表した。  それによると、首都圏の上半期マンション新規供給戸数は1万9394件で前年同期比20・2%減と3年ぶりに2万戸を下回った。また、近畿圏の上半期マンション新規供...続きを読む
住友不動産、戸建注文住宅事業を強化
 住友不動産は、戸建注文住宅事業への取り組みを強める。  2014年度に入り、首都圏を中心に全国で11ヵ所のモデルハウスを新設。このうち、都市型3階建て商品『J・アーバンⅢ(スリー)』をリニューアルし、東京・赤羽と同・加平に相次ぎオープンさせた。  また、新商品として...続きを読む
首都圏建売分譲市場、建物原価と用地費が上昇傾向=需給価格のギャップ拡大
 用地高騰と建物原価の上昇を反映した供給価格と、物件販売地の需要価格のギャップが拡大し、エリアの購買マインドが低下――。  アトラクターズ・ラボ(東京都千代田区、沖有人代表)の松沢博シニアコンサルタントがまとめた直近の首都圏の戸建分譲(建売)供給調査で、需要地の一部で価格の...続きを読む
5月の首都圏不動産流通動向、中古戸建て成約数4ヵ月連続で減少
 公益財団法人東日本不動産流通機構は10日、5月の首都圏不動産流通市場動向を公表した。  それによると、中古戸建住宅の成約件数は前年同月比13・2%減の886件と4ヵ月連続で減少した。成約価格は前月比0・1%下落の2805万円とわずかに下落し、今年に入り最も低い価格水準とな...続きを読む
2013年度首都圏白書、高齢者支援施策課題
 太田国土交通大臣は10日の閣議に「平成25年度首都圏整備に関する年次報告」(首都圏白書)を閣議に提出し、了承された。  それによると、東京においても団塊ジュニア世代が中心部へ流入する「コンパクト化が進んでいる」(同省)とし、過度の人口集積は避ける必要があると指摘。地域ごと...続きを読む
ホームテック、商業施設に新業態店舗をオープン
 東京・多摩エリアでロードサイド型の自社ショールームを構えてリフォーム事業を展開するホームテック(東京都多摩市、高橋久明社長)は、キッチンや浴室などの水回り住宅設備のリフォームに特化した新業態店舗「ミズファミ」の1号店を、東京・八王子の京王線南大沢駅に隣接するショッピングセンター...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)