キーワード: 育成
LIXILグループ、人材管理手法で日本HRチャレンジ大賞最優秀賞
 LIXILグループは、採用や人材育成、キャリア開発などの人材領域において、優れた新しい取り組みを表彰する第3回日本HRチャレンジ大賞(主催=日本HRチャレンジ大賞実行委員会)で、最優秀賞となる大賞を受賞した。  八木洋介同社執行役副社長人事総務担当は、「グローバルで勝つた...続きを読む
ARES総会、ヘルスケアリートを啓蒙へ
 一般社団法人不動産証券化協会(ARES、会長=岩沙弘道三井不動産会長)は20日、第12回定時社員総会を開催した。  今年度を「新たな成長戦略を描く年」(岩沙会長)と位置づけ、税制・制度改善の要望や投資対象の多様化、新たな投資家層の市場参加を促す活動、同協会認定マスター資格制度...続きを読む
全建連、6月から登録建築大工基幹技能者認定講習を東京で開始
 全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)は6月から、登録建築大工基幹技能者認定講習を始める。  同技能者資格を取得した有資格者が所属する企業は、国土交通省による経営事項審査の加点評価や、国・自治体などが実施する総合評価方式の入札工事の際に加点対象となるメリットが得...続きを読む
日本インテリアファブリックス協会、窓装飾プランナー資格制度を創設
 一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(東京都港区、吉川一三会長・住江織物社長、NIF)は、「窓装飾プランナー資格制度」を立ち上げた。  生活者が安心して相談できる窓装飾の専門家を育成するのが目的。9月3日に全国5都市で第1回資格試験を実施する。合格者には認定証を交付す...続きを読む
政府が国家戦略特区に6地域を指定、4月下旬に地域範囲政令化
 政府は3月28日、首相官邸で国家戦略特別区域諮問会議を開催し、6地域を特区に指定した。  具体的には、国際ビジネスやイノベーションの拠点として、東京都・神奈川県の全部または一部と千葉県成田市、医療などイノベーションやチャレンジ人材育成の拠点として大阪府・兵庫県・京都府の全部ま...続きを読む
JBNの2014年度事業計画、公共建築や既存長期などに対応
 一般社団法人ジャパン・ビルダーズ・ネットワーク(JBN、青木宏之会長)が2014年度事業計画をまとめた。  事業の骨子として、(1)人材育成と技能継承(2)技術支援(3)全国組織としてのメリット提供(4)経営実務に役立つセミナーおよび講習会の開催――などを置いている。 201...続きを読む
クリナップ、レスリング協会の公式協賛企業に
 クリナップは1日から日本レスリング協会の公式協賛企業になった。協賛企業として、レスリング競技の発展を応援する。  同社は1992年にレスリング部を創設し、CSR活動の一環として選手の育成とレスリングの普及活動を支援してきた。これまでに、全日本選手権大会5連覇の長島和幸選手...続きを読む
建防協、5月下旬から耐震診断改修の講習会を3都市で実施
 一般財団法人日本建築防災協会(建防協)は5月下旬から東京・大阪・津で「国土交通大臣登録 木造耐震診断資格者講習」および「木造住宅の耐震改修技術者講習会」を行う。  建防協は、耐震診断の義務付け対象建築物の耐震診断を行える耐震診断資格者を養成する、国土交通大臣登録耐震診断資格者...続きを読む
政府、適判合理化など盛る、建築基準法改正案を閣議決定
 政府は7日、木造3階建ての学校や構造適合性判定(適判)の見直しなどを盛り込んだ建築基準法改正案と、許可業者区分に解体工事業の追加などを盛り込んだ建設業法の改正案を閣議決定した。  建築基準法改正案は、木造建築基準や適判の見直しに加え、現行基準に対応していない新建築材料や技術に...続きを読む
木材・合板博物館、ウッドマスター受講者を募集
 非営利営業活動法人木材・合板博物館(東京都江東区、吉田繁理事長)は、林業や木材産業に携わる企業の人材育成を支援する「第3回ウッドマスター(基礎)」を4月15日~19日の5日間で開催する。  基礎コースは各企業の新人を対象に、森林や林業・木材産業に関する川上から川下までの基礎知...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)