キーワード: 育成
東京セキスイ、1年半かけて社員大工育成へ
 積水化学工業住宅カンパニーで、首都圏を担当する東京セキスイハイム(埼玉県蓮田市)は、社員大工の育成を本格化させた。  大工の高齢化やベテラン大工の引退など、将来的に大工不足が深刻化する見通しに対応したもの。生産子会社のユニット住宅工場内に「東日本施工技術センター」を設置し...続きを読む
中古取得とリフォームの一体的な資金調達、リバモ普及など検討、15年度予算・税制で対応へ
 政府・与党は、8月末の2015年度予算概算要求と税制改正要望に向けて中古住宅市場活性化策を盛り込む意向を固めた。  中古住宅の取得とリフォームの一体的な資金調達や買取再販事業の浸透、リフォーム人材育成や消費者への情報提供、リバースモーゲージの普及、既存住宅の長期優良化基準...続きを読む
トヨタホーム、春日井に「建築技能研修センター」
 トヨタホームが、施工技能者の育成制度をスタートさせた。  集合研修とOJT(現場研修)の2段階で、約1年間かけて「ほぼマンツーマンに近い」(日比野好伸設計・建設部長)指導を行う。春日井事業所(愛知県春日井市)に『トヨタホーム建築技能研修センター』を設置し(1)施工店の新規...続きを読む
ヤマダS×Lの松田社長、人材育成目指し社員教育徹底
 ヤマダ・エスバイエルホームの松田佳紀社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え、2014年度に最大の課題と位置付ける営業力の再構築に取り組む方針を示した。  消費税率アップに伴う駆け込み受注増に対し、施工スケジュール管理が徹底されず、「期ずれ」(前期中に引き渡せない)を起こ...続きを読む
まちづくりと連携し空き地・空き家対策、有効利用で地域価値向上=土地白書
 増加する空き地や空き家の有効利用をまちづくり施策などと連携させ地域価値を向上――。  政府は10日、「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)を閣議で了承した。  土地の供給構造が変化して空き地や空き家などの低・未利用地が...続きを読む
LIXILグループ、人材管理手法で日本HRチャレンジ大賞最優秀賞
 LIXILグループは、採用や人材育成、キャリア開発などの人材領域において、優れた新しい取り組みを表彰する第3回日本HRチャレンジ大賞(主催=日本HRチャレンジ大賞実行委員会)で、最優秀賞となる大賞を受賞した。  八木洋介同社執行役副社長人事総務担当は、「グローバルで勝つた...続きを読む
ARES総会、ヘルスケアリートを啓蒙へ
 一般社団法人不動産証券化協会(ARES、会長=岩沙弘道三井不動産会長)は20日、第12回定時社員総会を開催した。  今年度を「新たな成長戦略を描く年」(岩沙会長)と位置づけ、税制・制度改善の要望や投資対象の多様化、新たな投資家層の市場参加を促す活動、同協会認定マスター資格制度...続きを読む
全建連、6月から登録建築大工基幹技能者認定講習を東京で開始
 全国中小建築工事業団体連合会(全建連、藤本高信会長)は6月から、登録建築大工基幹技能者認定講習を始める。  同技能者資格を取得した有資格者が所属する企業は、国土交通省による経営事項審査の加点評価や、国・自治体などが実施する総合評価方式の入札工事の際に加点対象となるメリットが得...続きを読む
日本インテリアファブリックス協会、窓装飾プランナー資格制度を創設
 一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(東京都港区、吉川一三会長・住江織物社長、NIF)は、「窓装飾プランナー資格制度」を立ち上げた。  生活者が安心して相談できる窓装飾の専門家を育成するのが目的。9月3日に全国5都市で第1回資格試験を実施する。合格者には認定証を交付す...続きを読む
政府が国家戦略特区に6地域を指定、4月下旬に地域範囲政令化
 政府は3月28日、首相官邸で国家戦略特別区域諮問会議を開催し、6地域を特区に指定した。  具体的には、国際ビジネスやイノベーションの拠点として、東京都・神奈川県の全部または一部と千葉県成田市、医療などイノベーションやチャレンジ人材育成の拠点として大阪府・兵庫県・京都府の全部ま...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)